近刊検索 デルタ

2020年12月23日発売

ソシム

Pythonでいかにして暗号を破るか 古典暗号解読プログラムを自作する本

古典暗号解読プログラムを自作する本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
暗号を用いた秘密のメッセージの作り方を指南する、初心者向けの書籍はたくさんあります。また、暗号の解読法を指南する、初心者向けの書籍はいくつか存在します。しかし、暗号を解読するためのプログラミングを指南する、初心者向けの書籍は皆無といえるでしょう。本書はそのギャップを埋めるためのものです。

本書は、暗号、暗号解読、暗号学について興味を持っている人のためのものです。本書の暗号(23章と24章の公開鍵暗号を除く)はすべて古典的なものであり、ノートPCの計算能力でも解読できます。現在の組織や個人はこうした古典暗号を使用しません。しかし、古典暗号を通じて、暗号を構成する土台や、脆弱な暗号の解読法について学べます。
目次
第0章 導入
第1章 紙製の暗号ツールをつくる
第2章 対話型シェルのプログラミング
第3章 文字列とプログラムの作成
第4章 逆暗号
第5章 シーザー暗号
第6章 総当たり攻撃によるシーザー暗号の解読
第7章 転置式暗号で暗号化する
第8章 転置式暗号を復号する
第9章 プログラムテスト用プログラムを作成する
第10章 ファイルの暗号化と復号
第11章 プログラムによる英語の検出
第12章 転置式暗号を解読する
第13章 アフィン暗号のためのモジュラー算術モジュール
第14章 アフィン暗号のプログラミング
第15章 アフィン暗号を解読する
第16章 単一換字式暗号のプログラミング
第17章 単一換字式暗号を解読する
第18章 ヴィジュネル暗号のプログラミング
第19章 頻度分析
第20章 ヴィジュネル暗号を解読する
第21章 ワンタイムパッド暗号
第22章 素数の検索と生成
第23章 公開鍵暗号の鍵を生成する
第24章 公開鍵暗号のプログラミング
付録 Pythonコードのデバッグ
著者略歴
Al Sweigart(アル スウェイガート aru suweigaato)
サンフランシスコ在住のソフトウェア開発者。技術書の著者でもあります。お気に入りのプログラミング言語Pythonで、Python用のオープンソースモジュールの開発者でもあります。“Automate the Boring Stuff with Python”をはじめとする著作はウェブサイト(https://inventwithpython.com/)でクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもと、自由に入手できます。飼っている猫の体重は12 ポンドです。
IPUSIRON(イプシロン ipushiron)
情報セキュリティと物理的セキュリティを総合的な観点から研究しつつ、執筆を中心に活動しています。1979年に福島県相馬市で生まれ、現在も相馬市在住です。2001年に『ハッカーの教科書』(データハウス)を上梓。主な書著に『ハッキング・ラボのつくりかた』『暗号技術のすべて』(翔泳社)、『ハッカーの学校』『ハッカーの学校 個人情報調査の教科書』『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』(データハウス)があります。Security Akademeia(https://akademeia.info/)を運営しています。
タイトルヨミ
カナ:パイソンデイカニシテアンゴウヲヤブルカ コテンアンゴウカイドクプログラムヲジサクスルホン
ローマ字:paisondeikanishiteangouoyaburuka kotenangoukaidokupuroguramuojisakusuruhon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。