近刊検索 デルタ

2月2日発売予定

ソシム

今日から使えるMacBook Air & Pro macOS Big Sur対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、2020年11月13日に正式リリースされたmacOSの最新バージョンである、macOS Big Sur(ビッグサー)対応のMacBookシリーズについて書かれた解説書です。

2001年に登場したMac OS Xバージョン10.0以来、長きに渡りアップデートを繰り返してきたmacOSですが、macOS Big Surでは約20年ぶりのメジャーアップデートを果たし、バージョンナンバーは11となりました。それに伴い、これまでのアップデートでは変化の少なかったメニューバーやDock、Finderウインドウなど、基本のインターフェイスにも、大胆なデザイン変更や機能追加がなされています。

大きく変化したUIデザインですが、すでに慣れ親しんでいる感覚を持つ人も多いと思います。そう、macOS Big SurのUIデザインは、一見するとiPhoneやiPadでお馴染みの、iOS・iPad OSと瓜二つ。それを象徴する新機能が、メニューバーに追加された「コントロールセンター」です。音量調節や画面の明るさの変更、Wi-FiやBluetoothのオン・オフなど、主要な設定項目がコンパクトにまとまり、はじめてMacに触れる人でも直感的に使うことができるでしょう。また純正アプリのアイコンデザインや機能、通知センターのウィジェットなどもiOS・iPad OSと共通化が図られました。

一方で、Appleメニューをはじめとする各種メニューや設定項目自体は、これまでと大きく変わってはおらず、既存のユーザにも十分に“Macらしさ”が感じられる設計となっています。
macOS Big Surのリリースに続き、Appleは新開発となる自社製の「Apple M1チップ」を搭載したMacBook Pro 13インチモデルとMacBook Airを投入しました。新しいMacBook AirはMacBookのラインナップではエントリー向けのモデルでありながら、動作はかなり軽快。ついつい充電をし忘れてしまうほど飛躍的に向上したバッテリー持ちの良さも実感できるでしょう。

新モデルではキーボードに[地球儀]キーが追加されたり、リカバリーモードなどシステムメニューの起動方法が従来モデルとは異なっていたりと、筐体や操作に変化もありますが、それらも可能な限り本書に盛り込みました。もちろん、従来のインテルMacについての操作方法も掲載しています。

また、昨今のテレワーク需要を受けて、オンラインミーティングに欠かせない「Zoom」などのサービスをMacBookで使う方法も取り上げました。ぜひお役立ていただければ嬉しく思います。
目次
本書の読み方

■chapter 1 新しいmacOSってどんなもの?
01 MacBookにはどんな種類があるの?
02 macOS Big Surの新機能まとめ
03 MacBookを箱から出してみよう
04 トラックパッドの使い方って?
05 キーボードの特徴を知ろう
06 起動・終了・スリープを理解しよう
07 まず何をすればいいの?
08 ログインとログアウトを覚えよう
09 デスクトップの見方・使い方
10 設定を自分好みにアレンジしよう
11 アプリを終了させる・切り替える
12 初期アプリで使用の基本を学ぼう
column Touch Barの基本操作を覚えよう

■chapter 2 デスクトップとFinderの基本操作
01 デスクトップ&Finderの使い方
02 Dockでよく使うアプリを呼び出す
03 Finderの基本操作
04 Finderを使い倒す
05 AppleメニューとFinderメニューを覗いてみよう

■chapter 3 キーボードで文字を入力する
01 日本語入力の基本をマスターしよう
02 文字の入力と変換を覚えよう
03 難読漢字や記号を入力しよう
04 よく使う語句を辞書に登録しよう
05 文字入力と編集の達人を目指そう

■chapter 4 iPhone・iPadとつなげる
01 iPhone・iPadとデータを同期する
02 iPhone・iPadをバックアップする
03 iPhone経由でネットに接続する
04 iPhoneとコピペを共有する
05 SMSや電話をMacBookで受信する
06 AirDropでiPhoneにデータ送信
07 SidecarでiPadをディスプレイ化する
08 iPhoneの画面をMacBookに映す
09 iPhoneのカメラで書類をスキャン

■chapter 5 「Safari」でインターネットを楽しむ
01 「Safari」でWebページを見る
02 便利な検索でWebページを探す
03 好きなページにすぐアクセスする
04 一度開いたWebページを呼び出す
05 「Safari」をもっと便利に使う
column スタートページのカスタマイズ

■chapter 6 「メール」で電子メールをマスターする
01 メールの基本を押さえる
02 メールのやり取りをする
03 メールの削除や管理をする
04 「Gmail」や「Outlookメール」を使う
05 署名の自動入力を活用する

■chapter 7 App Storeでアプリを探す
01 アプリの宝箱App Store
02 アプリの購入とインストール
03 プリペイドカードの登録
column 子どものアプリ購入はファミリー共有で管理

■chapter 8 MacBookではじめるテレワーク入門
01 iCloudを設定する
02 iCloud Driveを使う
03 MacやiPhoneの紛失に備える
04 パスワードを安全に管理する
05 iWorkでビジネス文書を作成する
06 iWorkで書類を共同制作する
07 ZoomでWeb会議をする
08 Slackでプロジェクトを共有する
column ブラウザでiWorkを利用する

■chapter 9 Big Sur標準アプリを使う
01 標準アプリの種類を知る
02 「メッセージ」を使う
03 「FaceTime」を使う
04 「マップ」を使う
05 「マップ」アプリをナビとして使う
06 3D表示や実写地図を活用する
07 Big Sur標準アプリを使う

■chapter 10 写真を楽しむ
01 「プレビュー」で写真を閲覧・編集する
02 「写真」アプリであらゆる写真を管理
03 ライブラリ内の写真を閲覧する
04 写真をキレイに編集する
05 「写真」アプリに便利な機能を足す

■chapter 11 動画を楽しむ
01 「iMovie」を使ってみよう
02 プロジェクトに動画を読み込む
03 読み込んだ動画を編集しよう
04 ムービーを書き出して保存する

■chapter 12 音楽を楽しむ
01 「ミュージック」を使う
02 CDから楽曲データを読み込む
03 読み込んだ楽曲データを再生する
04 iTunes Storeで楽曲を購入する
05 聴き放題サービスを利用する
06 iCloudで楽曲を管理する
column Apple Musicのトライアルをキャンセルする

■chapter 13 逆引きMacBook活用辞典
01 macOSを最新の状態に保ちたい
02 1台のMacBookを複数人で使いたい
03 ディスプレイの設定を変更したい
04 複数のデスクトップを使いたい
05 手元の作業に集中したい
06 デスクトップをきれいに整理したい
07 プリンタで印刷したい
08 ファイルをPDFにしたい
09 目の疲れを予防したい
10 外付けのSSDをつなぎたい
11 MacBookのバックアップをとりたい
12 バックアップからリカバリーしたい

■付録
トラブル解決も便利技も!知って得するQ&A
MacBookと一緒に使えるApple純正アクセサリ

■索引
機能別インデックス
索引

■特別付録
MacBookで今日から使えるショートカット早見表
[基本/Finder]
[ホームポジションの基本]
[ローマ字入力一覧表]
[ちょっと役立つ文字入力まとめ]
[Slack]
[Zoom]
[Safari]
[ポイントに効く便利技まとめ]
著者略歴
小枝 祐基(コエダ ユウキ koeda yuuki)
1979年生まれ。Mac、PC、スマートフォン関連の取材・記事執筆を精力的に行うフリーライター。生活家電およびデジタルガジェットなどのインプレッション記事もこなす。Mac歴はかれこれ20年。最近はもっぱらM1搭載MacBook Airを使い倒す日々。著書に『疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS(インプレス)』、共著に『docomo iPhone 6 Plus完全活用マニュアル(ソシム)』『Pepperスタートブック(SBクリエイティブ)』など。
タイトルヨミ
カナ:キョウカラツカエルマックブックエアー アンド プロ マックオーエス ビッグ サータイオウ
ローマ字:kyoukaratsukaerumakkubukkueaa ando puro makkuooesu biggu saataiou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
KADOKAWA:横関俊材 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。