近刊検索 デルタ

2022年2月7日発売

田畑書店

出版社名ヨミ:タバタショテン

本を書く

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書には「『ものを書く』ことの隠喩でもあるかのように、ときにはなんでもない、あるときには非凡な人たちの話が、小さい叙事詩のように織り込まれる」(須賀敦子/朝日新聞書評より)。

『ティンカー・クリークのほとりで』でピュリッツァー賞を受賞したネイチャー・ライティングの第一人者、アメリカの女性作家が、創作生活のすべてを象徴的な文体で記した、ものを書こうとしているすべての人に贈るバイブル。

巻末には訳者による旧版のあとがきに加え、「ポケットスタンダート版 刊行に寄せて」を収録。また解説に鶴ケ谷真一氏「本を造る――解説にかえて」、早坂大輔氏(書店「BOOKNERD」店主)書下ろしエッセイ「書くことの真理」を収録する。
目次
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
索引
訳者あとがき(単行本版)柳沢由美子
ポケットスタンダート版 刊行に寄せて 柳沢由美子
本を造る――解説にかえて 鶴ケ谷真一
【巻末エッセイ】書くことの真理 早坂大輔
著者略歴
アニー・ディラード(アニー ディラード anii diraado)
アニー・ディラード[Annie Dillard] 1945年、アメリカ、ペンシルヴェニア州ピッツバーグに生まれる。63年、ヴァージニア州のホリンズ・コレッジ英文科に入学。大学2年のとき、教授のリチャード・ディラードと結婚。88年に、H.D.ソローの研究家であるロバート・リチャードソンと三度目の結婚。作品には本書の他に、少女時代の回想を語った[An American Childhood](1987、邦訳『アメリカン・チャイルドフッド』パピルス)、ピュリッツァー賞を受賞した[Pilgrimat Tinker Creck](1974,邦訳『ティンカー・クリークのほとりで』めるくまーる社)、[Teaching a Stone to Talk](1982年、邦訳『石に話すことを教える』めるくまーる社)、他。自然に対する深い感覚と精緻なスタイルを備えたその作品は、ヨーロッパ各国にも翻訳され、きわめて高い評価を得ている。
柳沢 由実子(ヤナギサワ ユミコ yanagisawa yumiko)
柳沢(ヤンソン)由実子[やなぎさわ ゆみこ] 1943年、岩手県に生まれる。上智大学文学部英文科卒業。ストックホルム大学スウェーデン語科修了。女性文学の翻訳、内外の女性事情についての評論、講演がおもな活動。著書には、ヤンソン由実子名義で、『男が変わる──スウェーデン男女平等の現実』(1987、有斐閣)、『女たちのフロンティア』(1993、フレーベル館)、『シリーズ・変貌する家族──家族に侵入する社会』(1992、共著、岩波書店)など。訳書には、アニー・ディラード『アメリカン・チャイルドフッド』(1992、パピルス)、アリス・ウォーカー『カラー・パープル』(1985、集英社)、同『喜びの秘密』(1995、集英社)、アウンサンスーチー『自由』(1991、集英社)、その他、児童文学、推理小説などもある。
タイトルヨミ
カナ:ホンヲカク
ローマ字:honokaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

田畑書店の既刊から
ジェームズ・アレン/著 栁平彬/訳 グループダイナミックス研究所/監修
南木佳士/著 吉村萬壱/著 増田みず子/著 松崎元子/著 荒川洋治/著 太田靖久/著 ほか
アニー・ディラード/著 柳沢由実子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。