近刊検索 デルタ

2019年6月3日発売

千倉書房

流通政策の理路

流通システムの再編と政策展開
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
流通・マーケティングの分野では、卸売業・小売業における規模の縮小、大手流通企業の経営破綻、M&Aなどによる流通再編が進展し、現在、「短縮化」「効率化」「空洞化」という3つ潮流が見られる。流通政策の変遷と今後を論ずる。
目次
第1章 現代流通システムの機能と仕組み/第2章 流通政策の意義と進展/第3章 流通システムにおける競争政策Ⅰ-独占禁止法の概要/第4章 流通システムにおける競争政策Ⅱ―再販価格維持制度の再考/第5章 流通システムにおける「振興」政策―流通近代化政策の吟味/第6章 流通システムにおける「調整」政策―大規模小売店舗法の考察/第7章 まちづくり3法の成立/第8章 まちづくり3法の帰趨/第9章 流通政策の体系と今後
著者略歴
大驛 潤(オオエキジュン ooekijun)
大驛 潤 東京理科大教授
タイトルヨミ
カナ:リュウツウセイサクノリロ
ローマ字:ryuutsuuseisakunoriro

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
青弓社:吉井潤 柏原寛一 
大蔵財務協会:椎谷晃 
大蔵財務協会:小原清志 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。