近刊検索 デルタ

2020年2月19日発売

中央公論美術出版

⑥新しい造形芸術の基礎概念

新装版 バウハウス叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
オランダの造形運動デ・ステイルを主宰したドゥースブルフが、新しく登場した抽象絵画に対する一般観衆の無理解と批判に対し、芸術作品一般の原理に基づき作品の見方を解き明かす。ドゥースブルフは20年代初めヴァイマールに滞在し、バウハウスの機能主義的デザインに大きな影響を与えた。
著者略歴
テオ・ファン・ドゥースブルフ(テオファンドゥースブルフ teofandoゥゥsuburufu)
宮島久雄(ミヤジマヒサオ miyajimahisao)
タイトルヨミ
カナ:アタラシイゾウケイゲイジュツノキソガイネン
ローマ字:atarashiizoukeigeijutsunokisogainen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論美術出版の既刊から
テオ・ファン・ドゥースブルフ/著 宮島久雄/翻訳
J・J・P・アウト/著 貞包博幸/翻訳
ピート・モンドリアン/著 宮島久雄/翻訳
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。