近刊検索 デルタ

2020年2月22日発売

TAC出版

ハルカナ バルセロナ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
<各タイトルの主な内容>
建築とアートの極み。バルセロナの美を浴びる

巻頭特集は「バルセロナでぜったいしたい11のコト」。1882年から現在まで建設が続くバルセロナのアイコンであり、「生誕のファサード」が世界遺産に登録されているサグラダ・ファミリア大聖堂を詳細に紹介。同所だけではなく、バルセロナ中心部に点在する建築家アントニ・ガウディが手掛けた建築物も網羅。スペイン版アール・ヌーヴォーであるモデルニスモ建築もフォロー。カタルーニャ地方、バルセロナと縁のあるピカソ、ミロ、ダリの作品が収蔵されている美術館はゆかりの地とともに紹介します。また、スペインのグルメを語る上では欠かせないバルは、老舗から最新流行のお店、ふらりと立ち寄るスタンドバルまでをピックアップ。スペインの発泡酒、カバのワイナリー見学、世界的な人気サッカークラブ、FCバルセロナのホームスタジアムのツアー、フラメンコが楽しめるスポット案内へと行動範囲は広がります。「グルメ」は、伝説の名店エル・ブジのDNAを持つモダン・スパニッシュ、カタルーニャ料理の真髄を受け継ぐ老舗店、パエーリャなど港町の薫り漂うシーフードレストランなど。チュロスほかスイーツも充実。「ショッピング」では、バルセロナ発の人気ブランドの服、シューズ、バッグ、アクセサリーを入手できるショップをセール情報込みでインフォメーション。チョコレートやオリーブオイルなどお土産ハンティングも案内します。
その他 NEWS&TOPICSバルセロナのいま/滞在モデルプラン/イベントカレンダー/旅の裏技/基礎情報(出入国、両替・クレジットカード、交通・通信事情、物価・チップ、気候、言語、トラブル対策など)
著者略歴
TAC出版編集部(TACシュッパンヘンシュウブ TACshuppanhenshuubu)
タイトルヨミ
カナ:ハルカナ バルセロナ
ローマ字:harukana baruserona

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大竹泰彦 小宮英一 
明石書店:文部科学省 
共立出版:篠塚一也 
信山社出版:遠山純弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。