近刊検索 デルタ

2021年4月7日発売

京都大学学術出版会

唐代の皇太子制度

プリミエ・コレクション
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
唐代を中心に皇太子儀礼、皇太子号追贈・太子廟等の制度から、皇太子の存在が政権の安寧のために如何に有効利用されたかを解明する。
著者略歴
千田 豊(センダ ユタカ senda yutaka)
タイトルヨミ
カナ:トウダイノコウタイシセイド
ローマ字:toudainokoutaishiseido

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

京都大学学術出版会の既刊から
小川侃/編集
チャールズ・H・ラングミューアー/著 ウォリー・ブロッカー/著 宗林由樹/翻訳
齋藤美保/著
チャールズ・H・ラングミューアー/著 ウォリー・ブロッカー/著 宗林由樹/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。