近刊検索 デルタ

2019年11月7日発売

SBクリエイティブ

日本の貧困女子

SB新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介

「日本はもはや後進国である」

最底辺に生きる女性たちの現状とは



25歳。茨城県某市。母親から依存され、金銭的要求がとまらずに

42歳。埼玉県北部。「私、子どもを虐待しているかもしれません」

29歳、看護師。栃木県。中学2年生のときに、父親と

17歳。群馬県太田市。親権を切られ知人の中年男性と暮らす

20歳。島根県から上京。1日18時間労働させられて精神疾患に

32歳。沖縄。末期がんになっても、風俗を続ける理由は、家族に迷惑をかけたくないから



働く単身女性の3人に1人が貧困状態といわれる。そこから家族、地域、制度の三つの縁をなくした女性たちが最貧困女子に落ちていく。

都心に比べ地方の女性たちはその三つの縁が保たれていることから、そんな境遇に陥ることは比較的少ないといわれているが、それは果たして本当か。

地方消滅が叫ばれ、都会以上に貧困化が進む地方において、彼女たちが孤立に陥ったときどんな現実が待っているのか。



地方の底辺で生きる最貧困女子の性にまつわるルポタージュからあぶりだす。
目次
はじめに

第1章 東京とは異なる、北関東の女性の貧困
「地元が閉塞して未来がないのがわかっているのは、頭のいい人だけ」

人生を悲観するのは、母親の過干渉、支配、暴言暴力
初めてできた彼氏に、「消費者金融から借金して」と頼む
母親に給与を奪われ、ローンで中古車を買い、風俗のアルバイト
元夫との長男と、未婚の元恋人との長女
兄の子供を殺しに行くしかない
地元を捨て、東京の片隅で、孤独に生きる
奨学金は家計に組み込まれ、母親からの壮絶な暴力
北関東の女性の貧困とは
看護師と風俗嬢のダブルワーク
被害者である娘を包丁で刺す母親

第2章 民生委員がみた北関東の実情
「パート先で相手を見つける。不倫売春というか、要するにお金を介在した不倫」

典型的なマイルドヤンキーの夫婦
合法、違法より、地元の人間関係にバレるかどうか
一般化している不倫と、「対価を得ることが目的の性交」
彼氏からは10万円、セフレからは2万円
「結婚する人以外とは、付き合えません」から17歳で出来婚
男は避妊しなくて、妊娠したら女のせい
全員60代の3人の愛人たち
フィリピン人の母親に捨てられ、親権者にウザがられ
肉体関係があれば、気持ちは楽になる

第3章 地方出身、東京在住の貧困女子
「本当に仕事がない。地方は本当に終わっていますよ」

東京貧困女子と北関東の貧乏、貧困の比較
ホームレス。雇ってくれて本当に助かった
あなたのことは援助交際で育てたのよ
女性が陥る官製貧困
地方出身の若い美人女性がターゲット
ひたすら溜息のでるAV女優のその後
生活保護者専門の奇妙な木造アパート
超熟女AV女優、自殺未遂、留置所

第4章 沖縄、最貧困の果てに
「中学生からキャバとか風俗で働く子はたくさん。それが普通」

中学校のクラスヒエラルキー
相手はヤクザでラッキーくらいに思ってた
妊娠したことを告げても、何も変わらなかった
経済的に依存され、奨学金が消えていく
堕胎、アルコール依存、琉球大学を中退
2019年9月――再び沖縄で
闇金にとっての優良顧客
闇金と風俗漬けから、パニック障害
昼はデリヘル、夜はデートクラブ
笑顔で最期のときを待っていた
著者略歴
中村 淳彦(ナカムラ アツヒコ nakamura atsuhiko)
ノンフィクションライター。代表作に「名前のない女たち」シリーズがあり、劇場映画化もされる。高齢者デイサービスセンターを運営していたが手を引き、現在はノンフィクション、ルポルタージュを執筆。著書に『職業としてのAV女優』『ルポ 中年童貞』(ともに幻冬舎新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)、『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』(コア新書)、『日本の風俗嬢』(新潮新書)、『女子大生風俗嬢』(朝日新書)、『熟年売春』(ミリオン出版)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ニホンノヒンコンジョシ
ローマ字:nihonnohinkonjoshi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

SBクリエイティブの既刊から
明月千里/著 村上ゆいち/イラスト
白石定規/著 あずーる/イラスト
海空りく/著 をん/イラスト
常磐くじら/著 夕薙/イラスト
本日のピックアップ
大蔵財務協会:松岡章夫 秋山友宏 山下章夫 笹原眞司 
信山社出版:結城忠 
大蔵財務協会:芦田眞一 
技術評論社:横田一輝 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。