近刊検索 デルタ

8月10日発売予定

SBクリエイティブ

新説戦乱の日本史

SB新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
古代から近代まで、日本史はさまざまな争乱・合戦によって彩られてきた。時代の画期となったさまざまな争乱・合戦について取り上げる。
歴史研究は、日進月歩の深化をみせ、かつての「常識」が疑われ、更新されてきている。
本書では、こうした新たな研究の成果を、「教科書には出てこない新説」として紹介したい。紹介をしてくれるのは、まさにその研究の当事者である研究者。その「生」の声を通じて、歴史学の最前線の雰囲気が感じ取れる。

◆日本を変えた戦乱の新常識◆

乙巳の変 蘇我氏内部の抗争も関わったクーデターだった
白村江の戦い 勝敗を度外視した戦いだった
壬申の乱 本当の首謀者は誰か
源平合戦 治承・寿永の乱と呼ぶべきなのか
中先代の乱 尊氏に謀反の意図はなかった
享徳の乱 応仁・文明の乱を引き起こしたのか
応仁の乱 財政再建をめぐる主導権争いが招いた争乱だった
桶狭間の戦い どれくらいの軍勢と経費が投入されたのか
中国大返し 御座所の発掘でわかった中国大返しの真相
関ケ原の戦い 関ケ原の地には西軍方が築いた幻の本陣があった
上野戦争 新政府軍にとって容易な戦いではなかった
西南戦争 西郷軍には勝算がある挙兵だった
新説13 日露戦争 第三軍は無謀な白兵突撃を繰り返しただけではなかった
新説14 日中戦争 なぜ全面戦争となり長期化したのか?
新説15 アジア・太平洋戦争 無条件降伏にはなぜ二度の「聖断」が必要だったのか?
目次
第1章 古代の戦乱 倉本一宏
新説1 乙巳の変 蘇我氏内部の抗争も関わったクーデターだった
新説2 白村江の戦い 勝敗を度外視した戦いだった
新説3 壬申の乱 本当の首謀者は誰か

第2章 中世の戦乱 亀田俊和
新説4 源平合戦 治承・寿永の乱と呼ぶべきなのか
新説5 中先代の乱 尊氏に謀反の意図はなかった
新説6 享徳の乱 応仁・文明の乱を引き起こしたのか

第3章 戦国の戦乱1 川戸貴史
新説7 応仁の乱 財政再建をめぐる主導権争いが招いた争乱だった
新説8 桶狭間の戦い どれくらいの軍勢と経費が投入されたのか

第4章 戦国の戦乱2 千田嘉博
新説9 中国大返し 御座所の発掘でわかった中国大返しの真相
新説10 関ケ原の戦い 関ケ原の地には西軍方が築いた幻の本陣があった

第5章 近現代の戦乱1 長南政義
新説11 上野戦争 新政府軍にとって容易な戦いではなかった
新説12 西南戦争 西郷軍には勝算がある挙兵だった
新説13 日露戦争 第三軍は無謀な白兵突撃を繰り返しただけではなかった

第6章 近現代の戦乱2 手嶋泰伸
新説14 日中戦争 なぜ全面戦争となり長期化したのか?
新説15 アジア・太平洋戦争 無条件降伏にはなぜ二度の「聖断」が必要だったのか?
著者略歴
倉本一宏(クラモトカズヒロ kuramotokazuhiro)
倉本一宏(くらもと・かずひろ) 1958年三重県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程単位修得退学。博士(文学)。現在、国際日本文化研究センター教授。専門は日本古代史、古記録学。主な著書は『壬申の乱』(吉川弘文館)、『蘇我氏』(中公新書)、『藤原道長の日常生活』『戦争の日本古代史』(以上、講談社現代新書)など。
亀田俊和(カメダトシタカ kamedatoshitaka)
亀田俊和(かめだ・としたか) 1973年秋田県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学博士(文学)。現在、国立台湾大学日本語文学系助理教授。主な著書は『室町幕府管領施行システムの研究』(思文閣出版)、『観応の擾乱』(中公新書)、『高師直 室町新秩序の創造者』(吉川弘文館)、『征夷大将軍・護良親王』(戎光祥出版)など。
千田嘉博(センダヨシヒロ sendayoshihiro)
千田嘉博(せんだ・よしひろ) 1963年愛知県生まれ。奈良大学文学部文化財学科卒業。城郭考古学者。大阪大学博士(文学)。国立歴史民俗博物館助教授などを経て、現在、奈良大学文学部文化財学科教授。主な著書は『織豊系城郭の形成』(東京大学出版会)、『信長の城』(岩波新書)、『真田丸の謎』(NHK出版新書)、『城郭考古学の冒険』(幻冬舎新書)など。
川戸貴史(カワトタカシ kawatotakashi)
川戸貴史(かわと・たかし) 1974年兵庫県生まれ。一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(経済学)。現在、千葉経済大学経済学部教授。専門は貨幣経済史。主な著書は『戦国期の貨幣と経済』(吉川弘文館)、『中近世日本の貨幣流通秩序』(勉誠出版)、『戦国大名の経済学』(講談社現代新書)など。
長南政義(チョウナンマサヨシ chounanmasayoshi)
長南政義(ちょうなん・まさよし) 宮城県生まれ。國學院大學法学研究科博士課程後期単位取得退学。国会図書館調査及び立法考査局非常勤職員、靖國神社靖國偕行文庫などを経て、現在、戦史学者。専門は日本近代軍事史及び軍人研究。主な著書・編著は『新史料による日露戦争陸戦史』(並木書房)、『日露戦争第三軍関係史料集』(国書刊行会)、『児玉源太郎』(作品社)など。
手嶋泰伸(テシマヤスノブ teshimayasunobu)
手嶋泰伸(てしま・やすのぶ) 1983年宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(文学)。福井工業高等専門学校一般科目教室講師を経て、現在、龍谷大学文学部講師。専門は日本近現代史。主な著書は『昭和戦時期の海軍と政治』『海軍将校たちの太平洋戦争』(以上、吉川弘文館)、『日本海軍と政治』 (講談社現代新書)など。
タイトルヨミ
カナ:シンセツセンランノニホンシ
ローマ字:shinsetsusenrannonihonshi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。