近刊検索 デルタ

2021年5月11日発売

名古屋大学出版会

不定性からみた科学

開かれた研究・組織・社会のために
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
科学には「モヤモヤ」がつきまとう、されど――。不確実性・偶然性・規範性などさまざまな形をとり、研究から組織・評価・大学・社会・未来まであらゆる次元に現れる不定性。これら避けがたいものと向きあい、科学のリアルを捉え直すことで、知と未知への態度を鍛える二一世紀の学問論。
目次
はじめに

第1章 科学
1.1 存在
1.2 知覚
1.3 意味づけ
1.4 科学的推論
1.5 解釈
1.6 人文・社会科学

第2章 研究
2.1 対象への接近
2.2 セレンディピティ
2.3 操作
2.4 研究者と対象との相互作用
2.5 研究者の規範
2.6 知識の形態と不定性

第3章 組織
3.1 研究の組織化と科学の巨大化
3.2 組織としての研究実践
3.3 知識と科学の変容
3.4 学会における文脈の不定性
3.5 学会の社会的責任
3.6 学会を越えて

第4章 評価
4.1 論文の評価とその問題
4.2 再現性の危機
4.3 公正な研究と評価
4.4 新たな研究評価に向けて
4.5 科学の戦い
4.6 2位じゃダメだったんでしょうか

第5章 大学
5.1 大学における知識
5.2 大学研究者の現状
5.3 知識移転
5.4 大学の社会的責任
5.5 大学と社会をつなぐ

第6章 社会
6.1 役に立つ学問?
6.2 科学の目的指向性
6.3 知識利用
6.4 アセスメント
6.5 アドボカシー
6.6 知識交流
6.7 責任ある研究・イノベーション
6.8 共同責任とガバナンス

第7章 世界
7.1 開かれた世界における学問
7.2 科学とイノベーションのオープン化
7.3 市民と科学
7.4 ローカルナレッジと身体知
7.5 研究者の人としての責任
7.6 学問に関与する市民の責任
7.7 デジタル化とグローバル化の罠

第8章 未来
8.1 未来研究の歴史
8.2 ダークサイエンス
8.3 知識コミュニケーション
8.4 「しま」から見えるもの
8.5 学問と未来のためのアートとデザイン

第9章 知識の不定性
9.1 不定性のまとめ
9.2 未知への態度
9.3 冒険する学問


あとがき
索引
著者略歴
吉澤 剛(ヨシザワ ゴウ yoshizawa gou)
1974年、川崎市に生まれる。1999年、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2008年、サセックス大学科学政策研究ユニット(SPRU)博士課程修了。2009年、東京大学公共政策大学院特任講師。2012年、大阪大学大学院医学系研究科准教授。2018年、オスロ都市大学労働研究所リサーチフェロー(EUマリー・キュリーフェロー)。現在、関西学院大学イノベーション・システム研究センター客員研究員、東京大学未来ビジョン研究センター客員研究員、PhD(科学技術政策)。著書、『科学者に委ねてはいけないこと――科学から「生」をとりもどす』(共著、岩波書店、2013年)、『生命科学とバイオセキュリティ――デュアルユース・ジレンマとその対応』(共著、東信堂、2013年)、『科学の不定性と社会――現代の科学リテラシー』(共著、信山社、2017年)
タイトルヨミ
カナ:フテイセイカラミタカガク
ローマ字:futeiseikaramitakagaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

名古屋大学出版会の既刊から
伊藤茂樹/著 古賀正義/著 広田照幸/著 廣田照幸/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。