近刊検索 デルタ

2019年2月13日発売

日本能率協会マネジメントセンター

おしえて!コロ和尚 こどものどうとく 人のきもちがわかる子になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■答えの出しにくい道徳の問題に、「ほとけの教え」で回答します!
本シリーズは、仏教の教えを元に、子どもの道徳観を育む絵本です。本書は、ゆうひ公園に駆け込んでくる子どもたちが日ごろ不思議に思っている友だちや家族との関係などについて、犬のコロ和尚が明快に答えてくれます。コロ和尚の言葉は、監修者の釈徹宗僧侶の言葉です。仏教の教えをやさしく、子どもたちでもわかるように諭し、物事の本質について、親子で一緒に考える本です。
目次
1章 友情ってなんだろう?
 1 どうして、友だちをつくらなければいけないの?
 2 自分が気に入らないあだ名をつけられたらどうする?
 3 みんなのためならなかまはずれにしてもいい?
 4 女子と男子が対立! 考え方がちがうとわかりあえないの?
 5 なんで、自分のものを友だちにかさなきゃいけないの?
 6 ひみつをばらした友だちをゆるすことができる?
2章 おもいやりは必要?
 7 どうしておばあちゃんをとくべつに大切にするの?
 8 車いすの人をうしろからおしたらめいわくそう。なんでなのかな?
 9 家族がなんでも妹中心なことにはらが立つ。正直じゃまなんだ
 10 親友がわるくちを言われているのを聞いてしまった!
3章 どうして感謝するの?
 11 母の日にかんしゃのきもちをどうやってつたえる?
 12 先生はどんなときでも正しいの?
 13 たのんでないことをしてもらってもかんしゃしたほうがいいの?
著者略歴
釈 撤宗(シャクテッシュウ)
浄土真宗本願寺派・如来寺住職。相愛大学教授。大阪府立大学大学院博士課程修了。専門は宗教学。著書に『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』(朝日新聞出版)、『仏教ではこう考えます 人生の悩みにお坊さんがゆるり回答』(祥伝社)、『なりきる すてるととのえる』(PHP研究所)など。
海谷 泰水(カイヤヤスミ)
文化服装学院ファッション工芸科、同研究科卒業 。TIS公募’07入選’09金賞受賞。著書に絵本『とびっきりのごちそう』(長崎出版)、『さかながこわいクジラ』文:宮田 雄吾(情報センター出版局)、『みんなともだち』作:二宮由紀子(教育画劇)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:廣川昭廣 舛巴啓二 林義章 
日経BP:日経ビジネス 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか
現代人文社:榎澤幸広 清末愛砂 飯島滋明 池田賢太 奥田喜道 永山茂樹 

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。