近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
コロナを境に、企業において、在宅勤務・テレワークといった働き方が大きく変わりました。Afterコロナの世界ではきっと、「テレワークありき」という世界となっているでしょう。そのような状況で、サポート役の総務の働き方も変わらざるを得ません。本書は、そんな「テレワークありき」の世界で、総務がどのように仕掛ければいいのかをまとめた決定版です。
目次
第1部 今、総務がすべきこと
第1章 新しいワークスタイルの時代の総務
第2章 オフィスをめぐる戦略と実践
第3章 ピンチをチャンスに変えるDX
第4章 リモートワークとコミュニケーション
第5章 健康管理の戦略と実践
第6章 新しい時代の教育・研修
第7章 リスク管理の戦略と実践

第2部 今、総務があるべき姿
著者略歴
豊田 健一(トヨダケンイチ toyodakenichi)
早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の総務向け専門誌『月刊総務』編集長、一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム理事、総務育成大学校主席講師、All About 総務・人事、社内コミュニケーションガイド 。働き方改革、戦略総務、総務最新事例、最先端の総務向けサービス等の情報発信。総務を対象とした営業の研修、サポート、コンサルティングを行っている。 著書に『経営を強くする戦略総務』『マンガでやさしくわかる総務の仕事』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。
金 英範(キムヒデノリ kimuhidenori)
株式会社 Hite & Co.代表取締役社長。「総務から社員を元気に、会社を元気に!」がモットー。 25年以上に渡り、日系・外資系大企業の計7社にて総務・ファシリティマネジメントを実務経験してきた“総務プロ”。インハウス業務とサービスプロバイダーの両方の立場から、企業の不動産戦略や社員働き方変化に伴うオフィス変革&再構築を主軸に、独自のイノベーティブな手法でファシリティコストの削減と同時に社員サービスの向上など、スタートアップから大企業まで幅広く実践してきた。 JFMAやコアネットなどの業界団体でのリーダーシップ、企業総務部への戦略コンサルティングの実績も持つ。 Master of Corporate Real Estate(MCR)認定ファシリティマネジャー、一級建築士の資格を保有。
タイトルヨミ
カナ:センリャクソウムジッセンハンドブック
ローマ字:senryakusoumujissenhandobukku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。