近刊検索 デルタ

2021年6月15日発売

日本能率協会マネジメントセンター

改訂2版 認知症ライフパートナー検定試験®3級公式テキスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
認知症ライフパートナーとは、認知症の方のこれまでの生活体験や生き方や価値観を尊重して日常生活を暮らして行けるように、本人や家族に寄り添ってサポートできる人のことを指し、一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会が検定試験を通じて1~3級の認定を行う民間資格です。
本書は認知症ライフパートナー検定試験の3級公式テキストとして、認知症に関する基礎知識をはじめ、認知症の方の心理状況から認知症特有の言動への対応方法・支援の仕方、認知症の症状の緩和や予防につながるケアなどについて学べます。具体的な事例も多く盛り込んでいますので、実際の介護への活用や応用へのヒントにもなります。
「3級」の内容は介護・福祉に携わる専門職の方々だけではなく、実際に認知症の方を介護されるご家族など一般の方にも分かりやすいため、認知症を学ぶ入門書としてもおすすめです。
目次
第1章 認知症とは
第2章 認知症の理解とケアの基本
第3章 認知症とコミュニケーション
第4章 認知症とアクティビティ
第5章 認知症ケアに関する社会資源
資料編
著者略歴
一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会(イッパンシャダンホウジンニホンニンチショウコミュニケーションキョウギカイ ippanshadanhoujinnihonninchishoukomyunikeeshonkyougikai)
認知症に関する調査・研究および人材育成などの普及・啓発を行うことで、福祉の増進に資する一般社団法人。 「認知症ライフパートナー検定試験」を通じ、認知症の人やその家族に対する多種多様なアクティビティを使った生活支援ができる人や、この分野で活躍できる専門職の育成を目指している。
タイトルヨミ
カナ:カイテイニハンニンチショウライフパートナーケンテイシケンサンキュウコウシキテキスト
ローマ字:kaiteinihanninchishouraifupaatonaakenteishikensankyuukoushikitekisuto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本能率協会マネジメントセンターの既刊から
一般財団法人日本書写技能検定協会/編集
日本能率協会マネジメントセンター/編集
一般社団法人実務能力開発支援協会/編集 一般財団法人職業技能振興会/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。