近刊検索 デルタ

2018年7月26日発売

日本標準

深い学びで思考力をのばす算数授業18選 4~6年

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新学習指導要領では、「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」が求められています。算数的活動を中心にしたオープンエンドの算数授業は、楽しくゲーム感覚で、どの子も目を輝かせ生き生きと学習に取り組み、自然と話し合い・考え合いが生まれます。新学習指導要領で求められる、主体的・対話的で深い学びに最適です! 授業の指導案・ワークシート付き!

<「オープンエンド」の問題とは>
いろいろな「正解」がある問題のことです。
たとえば、問題「111は、10を□、1を□を集めた数です」の□には何が入るでしょうか。「10を11、1を1」でしょうか。それだけではありません。「10を10、1を11」「10を9、1を21」など幾通りもの答えがあります。
これがオープンエンドの問題です。柔軟に考える力が鍛えられます。
目次
【主な目次】
第1章 主体的・対話的・深い学びを実現するには?
「オープンエンドの問題」とは /オープンエンドの問題と「アクティブ・ラーニング」/
オープンエンドの授業と、PISAでも取り組まれはじめた「協働的問題解決能力」…   
第2章 主体的・対話的・深い学びの授業ができる実践例
(各学年6つの授業実践例を掲載-3学年分で計18の授業実践例)
著者略歴
滝井 章(タキイ アキラ)
都留文科大学教養学部学校教育学科特任教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。