近刊検索 デルタ

2022年7月15日発売

批評社

出版社名ヨミ:ヒヒョウシャ

終わりなき帝銀事件

GHQの策謀と戦後史の迷路
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
帝銀事件は、GHQ統治下の1948年1月26日夕方、帝国銀行椎名町支店で強盗・殺人を装った複数犯による組織的犯罪で、8歳の子どもを含む12名が毒殺された事件である。司法当局に犯人として逮捕された著名な日本画家・平沢貞通(57歳)は、事件とまったく無関係ではなかったが、真犯人から騙されて犯人に仕立てられ、確たる物証もないまま日本の裁判官によって死刑を宣告された。平沢貞通は、逮捕・投獄されて以降、自ら再審請求をやり遂げながら95歳まで40年間無実を叫び続けたが、1987年5月10日、獄中死した。
「やはり生け贄となって万民の不幸の因を除くのが、身内を救う道につながるのではございませんか……」平沢貞通(支援者に宛てた手紙より)
いったい真犯人は誰なのか? 何を目的に何を得ようとしたのか?
主犯は、GHQ(連合国軍総司令部)情報部で、共犯者は、日本の検察・裁判官と司法当局である。歪んだ司法制度と刑事警察の実相を抉り出し、複雑に錯綜した奇っ怪な事件の真相を解読して、公権力の果てしなき闇を抉り出す。
目次
はじめに
第1章 謎だらけの事件
第2章 犯行毒物をめぐる攻防
第3章 巧妙に仕掛けられた罠
第4章 平沢貞通と実行犯
第5章 黒幕と実行犯
第6章 平沢貞通の嘘と真実
第7章 生贄
第8章 犯行の動機
第9章 占領下日本の国家機構
第10章 負の遺産
おわりに
あとがきに代えて……「和歌山毒カレー事件」と「帝銀事件」の平沢貞通
著者略歴
松本宗堂(マツモトソウドウ matsumotosoudou)
1951 年2 月28 日、群馬県甘楽郡下仁田町生まれ。 1982 年、日本鍼灸理療専門学校を卒業。 1984 年、九折会成城木下病院理療科に入職。 1992 年、鍼灸院を独立開業し、現在に至る。 2005 年、比叡山延暦寺にて出家得度。
タイトルヨミ
カナ:オワリナキテイギンジケン
ローマ字:owarinakiteiginjiken

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。