近刊検索 デルタ

2020年10月24日発売

ビジネス社

動物が教えてくれるLOVE戦略

モテ親父になろう
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あなたは真面目型?それとも浮気型? 男と女の不都合な真実!

あなたの欲望には意味がある!
動物行動学と遺伝子から見た「性」の真実
◎女は男を顔で選べ!
◎美人は徳だらけ 美人薄命のウソ
◎ハゲは免疫力が強い
◎睾丸で生きる男、レイプ犯を選ぶ女
◎浮気性は遺伝する
◎モテて短命か、モテずに長寿か


■■■■■■■■■■■■■■
もしあなたがツパメのオスであったなら、随分不幸な目にあわなくてはならないかもしれない。尾羽の長さですべてが決まるからだ。
尾羽とは、一番外側にひときわ長く、太く伸びている、まるで針金のような部分だ。
この尾羽が長いオスが、繁殖期には早々に相手が見つかる。そして浮気の際には長い尾羽はもっと効力を発揮する。
メスは自分の亭主と長さが同程度か、短いオスが誘ってきても浮気には応じない。受け入れるのは自分の亭主よりも尾羽が長いオスだけ。
そのようなわけでツバメの世界では尾羽の長さが決定的となる。それに対抗する戦略というものがない。(まえがきより)
著者略歴
竹内久美子(タケウチクミコ takeuchikumiko)
エッセイスト・動物行動学研究家。 1956年愛知県生まれ。京都大学理学部を卒業し、同大学院で日高敏隆教授に動物行動学を学ぶ。博士課程進学後、著述業に。産経新聞『正論』欄執筆者。『そんなバカな! -遺伝子と神について―』『パラサイト -ウイルスが作った日本人のこころ』(文藝春秋)、『悪のいきもの図鑑』(平凡社)など著書多数。メールマガジン『動物にタブーはない! 動物行動学から語る男と女』を配信中。Twitter:@takeuchikumiffy
タイトルヨミ
カナ:ドウブツガオシエテクレルラブセンリャク
ローマ字:doubutsugaoshietekurerurabusenryaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
フレーベル館:やなせたかし トムス・エンタテインメント 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。