近刊検索 デルタ

2021年2月20日発売

ビジネス社

「新しいあたりまえ」時代の到来

これからの時代、中小企業はどうあるべきか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
企業家はどう生きるべきか、企業はどうあるべきか

「本書は混迷を極める時代に中小企業のとるべき
ひとつの羅針盤になると確信します」
東京商工会議所 三村明夫会頭推薦!

人手不足、生産性向上、事業継承の課題を克服する!


挑戦すべきはデジタルトランスフォーメーション(DX)!
目次
第1章 人手不足問題を解決するための突破口
第2章 中小企業を悩ます事業承継問題の処方箋
第3章 生生産性を高めるだけに留まらない! メリットだらけのDX化
第4章 どれだけ時代が変わっても守るべきは「企業理念とビジョン」
第5章 企業はどうあるべきか 企業家はどう生きるべきか
著者略歴
大久保秀夫(オオクボヒデオ ookubohideo)
1954年、東京都生まれ。國學院大學法学部卒業後、経営方針に納得できず退社。1980年、25歳で新日本工販株式会社(現在の株式会社フォーバル 東京証券取引所 市場第一部)を設立、代表取締役に就任。電電公社(現NTT)が独占していた電話機市場に一石を投じるため、ビジネスフォン販売に初めてリースを導入し、業界初の10年間無料メンテナンスを実施。1988年、創業後8年2カ月という日本最短記録、史上最年少(ともに当時)の若さで店頭登録銘柄(現JASDAQ)として株式を公開。同年、社団法人ニュービジネス協議会から「第1回アントレプレナー大賞」を受賞。その後も、情報通信業界で数々の挑戦を続け、上場会社3社を含むグループ企業33社を抱える企業グループに成長させた。2010年、社長職を退き、代表取締役会長に就任。会長職の傍ら、講演・執筆、国内外を問わずさまざまな社会活動に従事。カンボジアにおける高度人材の育成を支援する「公益財団法人CIESF(シーセフ)」理事長も務める。さらに一般社団法人公益資本主義推進協議会 代表理事、東京商工会議所副会頭・中小企業委員会委員長なども務めている。
タイトルヨミ
カナ:アタラシイアタリマエジダイノトウライ
ローマ字:atarashiiatarimaejidainotourai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ビジネス社の既刊から
枡野俊明/著
もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
講談社:西田幸樹 
共立出版:小池直之 
講談社:小松江里子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。