近刊検索 デルタ

3月3日発売予定

ビジネス社

武器としての理系思考

フェイクニュースを見破る
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
新型コロナウイルスに対するマスコミ報道に限らず、巷には科学の装いをしたフェイク・ニュースが蔓延している。環境問題、健康情報、日本の歴史など長年にわたってウソがまかり通ってきた結果、それが世間の常識として定着してしまったものもある。しかし、そうしたウソは多くの場合、誰かがそのウソによって「得をしよう」として流布されたもの。そして、市井の人々が健康面や金銭面で少なくない被害を受けている。このような状況を打破するためには、一人ひとりが〝ウソを見抜く力〞を養う必要がある! 世の中の欺瞞と戦う科学者が、武器としての「理系思考」を伝授する一冊。
目次
プロローグ なぜ、新聞やテレビに騙されるのか?

序 章【基礎編】
フェーイク・ニュースに惑わされないための「科学」の基本のキ
第1章【検証編①】
主要メディアに多数登場する、平気でウソをつく人々… ―地震予知とダイオキシン問題
第2章【検証編②】 
「健康」を害する、新聞・テレビの脅迫的なニセ情報 ―血圧、タバコ、コレステロールについて
第3章【検証編③】
「理系アタマ」の考え方で、巷のウソを見抜け! ―日本経済から死後の魂まで
第4章【検証編④】
日本全体を覆う「錯覚」の正体とは? ―先の大戦と日本文化を考察

エピローグ ウソで損をするのは、一般大衆である
著者略歴
武田邦彦(タケダクニヒコ takedakunihiko)
1943年東京都生まれ。工学博士。専攻は資源材料工学。東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。同社ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学教授、名古屋大学大学院教授を経て、2007年中部大学総合工学研究所教授、2014年より同特任教授。 著書に『50歳から元気になる生き方』(マガジンハウス)、『ナポレオンと東條英機』(KKベストセラーズ)、『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』3部作(洋泉社)他ベストセラー多数。
タイトルヨミ
カナ:ブキトシテノリケイシコウ
ローマ字:bukitoshitenorikeishikou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ビジネス社の既刊から
大久保秀夫/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:平岡聡 
集英社:芥見下々 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。