近刊検索 デルタ

2019年7月12日発売

文一総合出版

飛べ!ムササビ

観察のポイントからフィールドサインまで
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
まるごと一冊スクープだらけ!これまでわかっていなかった、観察されたことがなかった、ムササビの生態と行動に関する新発見がいっぱい!スクープ写真も一緒に掲載!

里山を代表する動物・ムササビの生活、食べ物、繁殖行動など、36年の観察からわかった新発見を大公開。滑空の方法や寿命、視野、モモンガとの違いなど、ムササビにまつわる疑問にも答えます。フィールドサインの見つけ方、夜間の観察方法、巣箱の設計図や掛け方も収録。ムササビの知られざる生態がわかる観察ガイド!

・里山を代表する動物、ムササビの謎に包まれた生態と行動を、写真とイラストを豊富に使って紹介するモノグラフ。
・ムササビの体の特徴、滑空の方法、生活、食べ物、繁殖、ムササビ以外の滑空する動物、モモンガとの違いなども解説。
・ムササビのフィールドサインの見つけ方や、夜間の観察方法も紹介。
・巣箱に入ったムササビの観察からわかった新発見を一挙公開(どんな巣材を使っているのか? 交尾はどのように行われるのか? 子育てを手伝うヘルパー(娘)の存在とは? 親子で共通する食痕? きのこをかじるムササビ、マンションのベランダで水を飲むスクープ写真などなど)
・世界に8種類が知られるムササビをイラストで紹介。
・ムササビが使う巣箱の設計図、掛け方、保全や保護についての解説も充実。
・環境学習や自然学習などで活用できる
目次
4 Part 1 ようこそ、ムササビの暮らす森へ。
6 ムササビってどんな動物?
8 ムササビの1日
12 ムササビの1年
20 ムササビの巣穴
24 マンションのムササビ
26 マンションのムササビの生活
28 ムササビの巣材
32 ムササビの食事
40 ムササビの食痕
42 ムササビの識別
46 ムササビの繁殖期(冬編)
58 ムササビの出産
60 ムササビの子育て
68 ムササビの天敵

73 Part 2 ムササビ質問箱
74 滑空ってどんな移動方法?/滑空できる体の構造とは?
75 ムササビはどのように移動するの?
76 どんなふうに滑空するの?
77 どうやって着地(着木)しているの?
78 滑空中に方向転換はできるの?
80 世界にはどんなムササビがいるの?
81 ムササビの学名の意味は?
82 ムササビとモモンガはどこが違うの?
86 ムササビの視野はどれくらい?/ムササビの寿命は?
87 江戸時代、ムササビの絵は火事を防ぐお守りだった?/ムササビはなんで「バンドリ(地方名)」と呼ばれるの?
88 ムササビの子どもの生存率は?/中国ではムササビのフンが売られている?/ことわざ「梧鼠の技」ってどんな意味?
89 森のなかでのムササビの役目ってなに?
90 後送後送後送後送後送後送

93 Part3 ムササビの見つけ方と観察の方法
94 ムササビにあうために
96 ムササビのフィールドワーク
99 巣箱をかけてみよう!
104 ムササビの滑空を撮影する
106 観察会をするときのアドバイス
107 ムササビの保護運動の歴史
108 お節介を続けていく

column
72 ムササビの子どもを見つけたら
91 動物園で生きるムササビのサビ
92 二宮忠八とムササビ凧

おまけ
110 滑空ムササビのパラパラまんが
著者略歴
熊谷さとし(クマガイサトシ)
1954年、宮城県仙台市生まれ。日本野生動物観察指導員・自然保護運動図画工作執筆家。動物の専門学校、大学でメディア学の教鞭を取り、里山の動物観察会、講演会を開催するかたわら、30年間ニホンカワウソを追い続け、韓国、サハリン、カナダでフィールドワーク、現在は対馬で調査観察をしている。主な著書に『ニホンカワウソはつくづく運が悪かった!?』『身近に体験!日本の野生動物シリーズ』(偕成社)、『足跡学入門』(技術評論社)、『哺乳類のフィールドサイン観察ガイド』(文一総合出版)ほか多数。この本が178冊目!!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

文一総合出版の既刊から
税所康正/著
熊谷さとし/著
とよさきかんじ/著
関東東北産業保安監督部/編集
本日のピックアップ
コロナ社:志堂寺和則 
現代人文社:山本晴太 川上詩朗 殷勇基 張界満 金昌浩 青木有加 
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。