近刊検索 デルタ

2020年5月15日発売

法藏館

禅仏教とは何か

法蔵館文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
臨済宗・曹洞宗の違いとは何か。「公案」とは何か。そもそも「禅仏教」とは何か――。

釈尊が説く仏教の本義から、臨済・曹洞の日本禅二大派の思想的立場と実践内容までを、体系的に紹介。

禅の第一人者が、『無門関』『坐禅和讃』『修証義』をはじめとする基礎文献のていねいな解説を交えながら、難解といわれる禅仏教の内容を簡潔にあらわした入門書の傑作。解説=竹村牧男

****************:
総じて、本書は禅の実践への確かな優れた入門書となっており、かつ思想的に極めて深いものを湛えている。多少なりとも禅に関心のある人には、ぜひ本書に参じていただきたいと心より願うものである。(「解説」より抜粋)
****************
目次
Ⅰ 禅仏教とは何か
一 人間は本来みんな仏である/二 戒・定・慧の三学が成道の要訣である/三 四弘の誓願が菩薩の本誓である/四 初めに大悲があった

Ⅱ 日本に生きる伝統禅の二大派
一 日本禅宗の三派/二 「公案禅」とはどういう禅か/三 「看話禅」と「黙照禅」について/四 「只管打坐禅」とはどんな禅か/五 曹洞禅は「生活禅」ということ/六 『修証義』の仏法とはどんな禅か/七 道元禅師の「十六条戒」について/八 正受老人の「戒」思想について/九 白隠禅の根本主張/十 白隠下の公案禅(一)―所関とその参じ方―/十一 白隠下の公案禅(二)―見性経験の心理―/十二 白隠下の公案禅(三)―公案体系―/十三 圭峰宗密の五種の禅/十四 「仏教」とは何か

付・日本臨済禅への導き
一 道場を訪ねて師家に就く/二 初関を透過して見性する/三 「悟り経験」とは何か/四 あるキリスト教神学者の問い

あとがき
解  説(竹村牧男)
著者略歴
秋月 龍珉(アキヅキ リョウミン akizuki ryoumin)
1921年宮崎県生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。1958年臨済正宗大事了畢。1972年臨済宗妙心寺派の僧籍に入る。埼玉医科大学教授、花園大学教授を歴任。月刊誌『大乗禅』主幹等を務める。1999年歿。著書に『秋月龍珉著作集』全15巻(三一書房)、『道元入門:生の充実を求めるために』(講談社現代新書)、『「正法眼蔵」の奥義』(PHP研究所)、『現代を生きる仏教』(平凡社ライブラリー)、『無門関を読む』『一日一禅』『誤解された仏教』(以上、講談社学術文庫)、『公案:実践的禅入門』(ちくま学芸文庫)、『白隠禅師:仏に求めて仏に迷い』(河出文庫)など多数。
竹村 牧男(タケムラ マキオ takemura makio)
タイトルヨミ
カナ:ゼンブッキョウトハナニカ
ローマ字:zenbukkyoutohananika

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法藏館の既刊から
小谷信千代/著
中村生雄/著 三浦佑之/解説

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。