近刊検索 デルタ

12月11日発売予定

法藏館

A級戦犯者の遺言

教誨師・花山信勝が聞いたお念仏
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
東条英機ほかA級戦犯の最期に立ち会った唯一の日本人、花山信勝。
戦争犯罪者として死刑宣告を受けた彼らは、教誨師・花山信勝を通して仏教と出会い、念仏者となってこの世を去った。
彼らとの交流のなかで受けた感銘を、生涯、全国で講演して語り続けた花山信勝の講演録。
解説では、としての花山信勝による微細な面会メモや、当時の新聞記事などを参照しながら、A級戦犯者たちから託された平和への願いを紹介する。

花山信勝が残した詳細な面会メモを初紹介。
付録に、花山信勝の貴重な講演録音CD(2枚)を付す。
目次
口絵
はじめに

太平洋戦争とお念仏・・・・・・・・・・・・・・・花山信勝
 一、東条英機の最期とお念仏
 二、土肥原賢治の最期とお念仏
 三、私のお念仏

A級戦犯者以外の処刑者とお念仏・・・花山信勝

解説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青木 馨
 一、東京裁判
 二、東条・土肥原元大将の辞世
 三、教誨師・花山信勝
 四、七名の処刑と国民
 五、おわりに

付録
「花山メモ」東条大将の花山氏への遺言/刑執行宣告

あとがき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青木 馨
著者略歴
青木 馨(アオキ カオル aoki kaoru)
1954年愛知県生まれ。同朋大学仏教文化研究所客員所員、真宗大谷派蓮成寺住職。2018年博士(文学)。『本願時教団展開の基礎的研究』(単著)、『大系真宗史料 伝記編6 蓮如絵伝と縁起』(編著)、『蓮如名号の研究』(共著)、『誰も書かなかった親鸞』(共著)、『教如と東西本願寺』(共著)ほか。
タイトルヨミ
カナ:エイキュウセンパンシャノユイゴン
ローマ字:eikyuusenpanshanoyuigon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法藏館の既刊から
狩野直禎/著 井波律子/解説
キケロ/著 八木誠一/翻訳 八木綾子/翻訳
高崎直道/著 下田正弘/解説
本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。