近刊検索 デルタ

2021年8月11日発売

法藏館

私が生まれてきた訳は

中村久子の声を聞く
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幼いころに脱疽により両手両足を切断し、苦難の人生を歩んだ中村久子。自らの厳しい境遇にもかかわらず、その眼は、常に障害に苦しむ人びとに注がれ、久子は生涯、身障者支援に尽力した。

その思想と行動の背景には浄土真宗の信仰があり、久子はその身をもって親鸞聖人のお念仏の道を歩んだ実践者であった。

久子最晩年の法話の音声と、新出の書簡から、信仰の人・中村久子を描く。

昭和41年法話録音CD付。


――「生きる」という命題は、人間にだけに与えられた崇高な営みである。中村久子という人の語られた生の声を聞き、その営みに光を感じ取っていただければと願いつつ本書を世に送りたい。(「はじめに」より)
目次
はじめに
Ⅰ 中村久子
一、 悲母観世音菩薩像
二、 中村久子という人
 1 四肢切断から独り立ちへ
 2 四婚の家族生活
 3 障害を乗り越えた女性たちとの値遇
 4 仏縁
Ⅱ 蓮成寺の法縁
一、 一枚のはがき
二、 幼い頃の思い出――微かな記憶をたどる――
Ⅲ 中村久子法話「生かさるヽ仕合せ」(抄)
一、 讃題――西条八十 詠「ほほえみ」――
二、 私はいつも新婚旅行
Ⅳ 一通の手紙――尼さんの眼病を治してあげたい――
一、 遺された手紙
二、 花山信勝との出遇い
Ⅴ 宿業のままに――詠歌三首
一、 歌に託されたこころ
二、 慈光を求めて
あとがき
著者略歴
青木 馨(アオキ カオル aoki kaoru)
1954年生まれ。真宗大谷派蓮成寺住職、同朋大学仏教文化研究所客員所員。2018年、博士(文学)。『本願寺教団展開の基礎的研究』(単著)、『A級戦犯者の遺言』(編著)、『大系真宗史料 伝記編6 蓮如絵伝と縁起』(編著)、『蓮如名号の研究』(共著)、『誰も書かなかった親鸞』(共著)、『教如と東西本願寺』(共著)ほか。
タイトルヨミ
カナ:ワタシガウマレテキタワケハ
ローマ字:watashigaumaretekitawakeha

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法藏館の既刊から
宇治和貴/著
鈴木正崇/著
ジョン・ブリーン/著
森三樹三郎/著 船山徹/解説
武者小路穣/著 山岸公基/解説
松本史朗/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
プレジデント社:
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。