近刊検索 デルタ

2020年10月14日発売

北海道大学出版会

ことわざ比較の文化社会学

日英仏の民衆知表現
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
これからの「少子化する高齢社会」に活かせる知恵をどう受け継ぐか
110のことわざに示される民衆知を比較社会学の視点から読み解く

「三人寄れば文殊の知恵」はリーダーシップ
――よりよい決定を求め、日本では3人、英仏では2人で知恵を絞る?

「二足の草鞋を履く」は新しい働き方のスタイル
――少子化する高齢社会で活かせる?
目次
はじめに
凡 例
序 立体的な比較社会文化研究をめざして
【あ行】悪銭身に付かず / 羹(あつもの)に懲りてなますを吹く / あばたもえくぼ ほか
【か行】稼ぎに追いつく貧乏なし / 我田引水 / 禍福は糾(あざな)える縄の如し ほか
【さ行】先んずれば,人を制す / 去る者は日々に疎(うと)し / 三十六計逃げるに如かず ほか
【た行】大山鳴動して鼠一匹 / 他山の石 / 棚からぼたもち ほか
【な行】七転び八起き / 習うより慣れよ / 二足の草鞋(わらじ)を履く ほか
【は行】馬鹿とはさみは使いよう / 馬鹿に付ける薬はない / 馬鹿は死ななきゃ直らない ほか
【ま行】馬子にも衣裳 / 待てば海路の日和あり / 見ざる,聞かざる,言わざる ほか
【や行】安物買いの銭失い / やぶへび / 油断大敵
【ら行】良薬は口に苦し / 論より証拠
おわりに
参照文献
著者略歴
金子 勇(カネコ イサム kaneko isamu)
1949年生まれ 1977年 九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学 現 在 北海道大学名誉教授 文学博士(九州大学、1993年) 第1回日本計画行政学会賞(1989年) 第14回日本都市学会賞(1994年) 著 書 『日本のアクティブエイジング』北海道大学出版会、2014年 『変動のマクロ社会学』編著、ミネルヴァ書房、2019年 ほか多数
タイトルヨミ
カナ:コトワザヒカクノブンカシャカイガク
ローマ字:kotowazahikakunobunkashakaigaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

北海道大学出版会の既刊から
岩下明裕/著・編集 花松泰倫/著・編集 木村貴/著 島田龍/著
服部英二/著
大場達之/著 宮田昌彦/著
「地震による地すべり災害」刊行委員会/編
もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:八津弘幸 NHKドラマ制作班 NHK出版 
アリス館:まはら三桃 めばち 
国書刊行会:赤羽正春 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
筑摩書房:恩田陸 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。