近刊検索 デルタ

2019年11月16日発売

復刊ドットコム

火の鳥2772 愛のコスモゾーン [カラー完全版]

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
手塚治虫・原作×御厨さと美・作画の黄金コンビによる伝説のコミカライズが、新規インタビューや資料類も満載した、初の[カラー完全版]で復活!

◆1980年・全国東宝洋画系公開、手塚治虫原作・総監督による超大作アニメーション映画『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』。その唯一のコミカライズで、同映画のメインスタッフでもあった気鋭の漫画家・御厨さと美が熱筆をふるった本作品が、皆様の復刊リクエストに応えて、A5判・カラーページ完全再現にて、ここに復活!
◆雑誌連載時以来初、実に40年ぶりにカラーページ(4色・2色)を完全再現。しかも巻末に、対談や新規インタビューをダブル収録(1=本作品執筆当時の手塚×御厨対談・全文再録、2=御厨さと美・新規インタビュー「メイキング・オブ・火の鳥2772」 ほか資料類)。さらに!! 御厨先生からのオルガの描き下ろしイラストとメッセージも収録! まさにファン必携の完全版!
◆宇宙ハンター訓練生のゴドーは、権力者ロックの命令を受け、<未確認生物・認識No. 2772>を捕獲するために宇宙に出る。恐ろしい鳥にも見えながら、さまざまに姿を変える巨大エネルギー体=2772。美しい育児ロボットのオルガや、サルタ博士らのサポートを得て探索艦スペースシャーク号を駆るゴドーは、2772を捕らえることができるか…!? 大宇宙に繰り広げられる火の鳥ハンティングの意外な結末と、地球を襲う地殻変動の危機。壮大な物語を、緻密かつダイナミックに描きぬき、コミカライズの域をはるかに超えた傑作。
◆朝日ソノラマ「月刊マンガ少年」1980年2月号~4月号に短期集中連載。その後、雑誌タイプのムックや文庫になりましたが、連載時の2色カラー本文やカラー扉は、残念ながら再現されませんでした。今回は、迫力のA5判サイズに加えて、全カラーページと扉を初出時のスタイルのまま完全掲載。雑誌タイプ本の際の加筆ページも補完します。
◆初版完全限定/A5判/ソフトカバー/218P=本文:カラー40P+モノクロ158P+資料ほか約20P
著者略歴
手塚治虫(テヅカオサム tezukaosamu)
御厨さと美(ミクリヤサトミ mikuriyasatomi)
1947年・長崎県出身。70年代に彗星のように現れた気鋭漫画家。「ノーラ」「裂けた旅券」「イカロスの娘」などの作品で、セクシーな美女、航空機やバイクなどリアルなメカ描写、圧倒的な画力で人気を得る。手塚治虫からの信頼が厚く、アニメ映画『火の鳥2772』ではメカデザインを担当、さらに、このコミカライズ版の作画に大抜擢された。
タイトルヨミ
カナ:ヒノトリニナナナナニアイノコスモゾーンカラーカンゼンバン
ローマ字:hinotorininananananiainokosumozoonkaraakanzenban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

復刊ドットコムの既刊から
永井豪/原著 尾瀬あきら(松本めぐむ)/イラスト
本日のピックアップ
信山社出版:結城忠 
技術評論社:横田一輝 
信山社出版:楠本敏之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。