近刊検索 デルタ

2021年5月27日発売

復刊ドットコム

生賴範義画集 〈神話FINAL 91 GODDESSES〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
30年前に発売された生賴範義の幻の画集『神話』が、A3サイズとなる新たな造本&内容で再構成(reissue)。

その情熱的な筆致によるイラストの数々で、小説、映画と、エンタテインメント界を彩ってきた巨匠・生賴範義が逝去したのは2015年。本年2021年は7回忌にあたります。
さまざまな作品に対してヴィジュアルを付与し、人々に強烈な印象を刻みつけた生賴範義ですが、ひとつだけ、自身のイマジネーションのみで描かれたシリーズがあります。
それが『神話』です。

『神話』は、徳間書店のSF専門誌「SFアドベンチャー」の表紙として、1980年6月号から1987年12月号まで、西洋の神話・歴史上に現れた美女・悪女 -女神たちを描いた作品集。
40代後半、『幻魔大戦』など精力的にイラストを描き続けた壮年期の生賴が力を注いだ女神たち91人の肖像は、まさに画家・生賴範義の代表作と言えましょう。
同作は、1988年に徳間書店よりA4変形の上製本仕様で『神話 -THE BEAUTIES IN MYTHS』として発売。その後長らく入手が困難な状態が続いていました。
2017年には弊社より『神話 THE BEAUTIES IN MYTHS / NEW VERSION』として同サイズ・同レイアウトで復刊されました(現在は品切れ中)。

このたびの企画は、その『神話』シリーズの、文字通り“FINALバージョン”として企画するものです。
『生賴範義画集〈神話FINAL 91 GODDESSES〉』は旧来の画集にも掲載された作品の完全版とも呼べるものです。
これまで旧版では一部のイラストが小さくレイアウトされていましたが、今回すべてのイラストが、その全体像がより分かるよう、過去最大とも呼べるA3サイズで印刷・収録されます。
91人の女神たちの姿を、出版物としての版型ギリギリとも呼べるA3サイズで忠実に再現。その圧倒的な迫力、魅力をぜひご堪能ください。

▼『生賴範義画集〈神話FINAL〉』仕様
◇『91 GODDESSES』=画集/A3・上製/総96ページ/オールカラー

(c)生賴太郎
協力:みやざきアートセンター
著者略歴
生賴範義(オオライノリヨシ oorainoriyoshi)
生賴範義(おおらい のりよし) 1935年兵庫県生まれ。1957年、東京藝術大学油絵科中退。1962年、イラストレーターとして活動開始。1973年には宮崎県宮崎市に居を移す。1980年、ジョージ・ルーカス製作『スター・ウォーズ2/帝国の逆襲』の国際版ポスター・イラストレーションで脚光を浴びる。星雲賞アート部門受賞。2014年、文化庁映画賞功労賞受賞。2015年10月27日逝去、享年79。2016年、日本SF大賞功績賞、星雲賞アート部門受賞。
タイトルヨミ
カナ:オオライノリヨシガシュウシンワファイナルキュウジュウイチガッディス
ローマ字:oorainoriyoshigashuushinwafainarukyuujuuichigaddisu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

復刊ドットコムの既刊から
北沢杏子/著 やなせたかし/イラスト
押井守/著 天野喜孝イラスト/著
円谷プロダクション/監修
永井博/著
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
代々木ライブラリー:妹尾真則 
彩流社:皆神山すさ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。