近刊検索 デルタ

2020年5月18日発売

三笠書房

行動瞑想 「窮屈な毎日」から自由になるヒント

単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
哲学を語る第一人者がすすめる「新しい生き方」の技術!

本書の「行動瞑想」に出合ったあなたは、“経験の仕方”が変わり、息をつける安らかな場所が自在に見つかり、今までにない幸福感を味わうでしょう。
「行動瞑想」は聞き慣れない言葉かもしれませんが、紀元前からずっと今まで、ソクラテスからニーチェ、西田幾多郎、鈴木大拙など世界の名高い人たちが、気づき、実践してきたものです。私はそれを発見しただけです。――白取春彦

 ◎「いったん心を引っ込めて」物事を眺める
 ◎「自分の感情」はジャッジしないで“感じ切る”
 ◎満たされた孤独「solitude」を楽しむ
 ◎「裸足で歩く」――世界の感触を直に味わう
 ◎これが悟りの世界だ――覚醒した人々の「悟り体験」 ……etc.

今、あなたが立っている世界が、一瞬でサーッと変わる!
新しい「悟り方(マインドフルネス)」入門
著者略歴
白取 春彦(シラトリ ハルヒコ shiratori haruhiko)
白取春彦(しらとり・はるひこ) 1954年、青森県生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。哲学と宗教に関する解説、論評の明快さには定評がある。 主な著書にミリオンセラーとなった『超訳 ニーチェの言葉』(ディスカバー・トゥエンティワン)のほか、『「考える力」トレーニング』『この一冊で「聖書」がわかる!』(三笠書房《知的生きかた文庫》)、多数がある。
タイトルヨミ
カナ:コウドウメイソウキュウクツナマイニチカラジユウニナルヒント
ローマ字:koudoumeisoukyuukutsunamainichikarajiyuuninaruhinto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
花鳥社:曽倉岑 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。