近刊検索 デルタ

2020年10月20日発売

三笠書房

大判図解 40歳からは食べ方を変えなさい!

「体の糖化」に気をつければ、若くなる!
単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
シリーズ累計50万部ベストセラーが「オールカラー&ワイド判」で新登場!

40歳からは「体に必要な食べ物」がガラッと変わります。
30代までと同じような食事をしていると、中年太りや老化をはじめ、
肥満、糖尿病、脳卒中などの怖い病気を招いてしまいます。
40歳からは、「年齢に応じた食べ方」が必要なのです。
本書では、40歳からの「体と心が若くなる」食べ方を紹介します。
やることは簡単!
名医・済陽先生が選んだ30の食材を「自由に組み合わせて、週2~3回食べる」だけ!
◎「薬食い」鮭+「野菜の王様」ブロッコリー
 →「若い体をつくる」最強食!
◎「医者いらず」りんご+「黄金の滋養食」蜂蜜
 →「免疫力アップ」で体イキイキ!
◎「畑のミルク」ぶどう+「発酵乳」ヨーグルト
 →抗加齢の「強い体」にになる!
などなど、「食材のパワー」で若さをつくるコツ満載!
著者略歴
済陽 高穂(ワタヨウ タカホ watayou takaho)
済陽高穂(わたよう・たかほ) 1945年宮崎県生まれ。西台クリニック理事長。元千葉大学医学部臨床教授。医学博士。千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センターに入局。米国テキサス大学外科教室に留学(消化管ホルモンの研究)。帰国後、東京女子医科大学助教授、都立荏原病院外科部長、都立大塚病院副院長、三愛病院医学研究所所長、西台クリニック院長を経て現職。臨床医として執刀した手術は4,000例(その半数はガン)。独自に考案した「済陽式食事療法」で多くのガン患者を治癒に導いている。著書に、ベストセラーになった『図解 40歳からは食べ方を変えなさい!』『図解 一生、医者いらずの食べ方』『女40歳から体が若くなる食べ方』(以上、三笠書房)『40歳からは食べ方を変えなさい!』『一生、医者いらずの食べ方』(以上、三笠書房《知的生きかた文庫》)、『今あるガンが消えていく食事』(マキノ出版)など多数がある。
タイトルヨミ
カナ:オオバンズカイヨンジュッサイカラハタベカタヲカエナサイ
ローマ字:oobanzukaiyonjussaikarahatabekataokaenasai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
ミネルヴァ書房:関口慶太 竹内彰志 金子春菜 
シーエムシー出版:森川敏生 
コロナ社:河口信夫 高田広章 佐藤健哉 倉地亮 佐藤雅明 ほか
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。