近刊検索 デルタ

2020年7月30日発売

三笠書房

面白いほど伝わる話し方

さわやかに、スパッと、わかりやすく!
王様文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「話がクリアな人」は、頭の整理もうまい!

・「メリハリ」のつけ方
・「話が短くなる」コツ
・「本題」へのつなぎ
・話を「立体的」にする法

「このひと工夫」で、
あなたの話はもっと「伝わりやすく」なる!

同じ内容の話でも
「わかりやすい人」と「わかりにくい人」がいます。
そのちょっとした差が話を聞いてもらえる、
わかってもらえる、誤解を招かない……につながってしまいます。
相手とスムースに心が通じ合うための具体的な方法とは。

・聞き手が「親しみ」を感じる表現
・「話の順番」が事前にわかると安心して聞ける
・「体験談」くらい面白いものはない
・「ひと呼吸おく」のも重要なテクニック
・「話の締めくくり」に効果的な言葉

すぐに実践できて、役に立つ実例集!
著者略歴
福田 健(フクダ タケシ fukuda takeshi)
福田健(ふくだ・たけし) 1961年、中央大学法学部卒業後、大和運輸(ヤマト運輸)入社。67年、言論科学研究所入所。指導部長、理事を歴任。83年、株式会社話し方研究所を設立。所長に就任。2004年からは会長を務める。 現代のコミュニケーション研究・啓蒙の第一人者として、研究所主催のセミナーで指導にあたるほか、各企業・官公庁で講演・講座活動を行なっている。 おもな著書に、『“大人の気づかい”ができる人の話し方』『*気づかいは話し方にあらわれる』(以上、三笠書房、*印《王様文庫》)、『人は「話し方」で9割変わる』(コスミック出版)などがある。
タイトルヨミ
カナ:オモシロイホドツタワルハナシカタ
ローマ字:omoshiroihodotsutawaruhanashikata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
花鳥社:曽倉岑 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。