近刊検索 デルタ

2020年5月27日発売

光村推古書院

御菓子司 聚洸の源氏物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
源氏物語五十四帖を読み解き、

一帖ごとに想起されるイメージを基に、ひとつひとつ和菓子を製造(和菓子は非売品)。



和菓子を製造するのは、京都の老舗和菓子店・塩芳軒(しおよしけん)に生まれ、

現在は独立して西陣に店を構える人気店「聚洸(じゅこう)」の高家裕典。

そのお菓子をさらに美しく彩る器は、「うつわやあ花音」主人、梶裕子がセレクト。

さらに、お菓子のコーディネイトも梶裕子が手掛けた。



二人のコラボレーションによって誕生した、和菓子で表現する源氏物語の世界。

和菓子とうつわの美しい写真を見ているだけで癒される、ありそうでなかった、珠玉の一冊。
著者略歴
梶裕子(カジヒロコ kajihiroko)
高家裕典(タカヤヒロノリ takayahironori)
タイトルヨミ
カナ:オカシシジュコウノゲンジモノガタリ
ローマ字:okashishijukounogenjimonogatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
シーエムシー出版:森川敏生 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。