近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
タイは「外来人国家」である。タイには「タイ人」はいない。誰が「タイ」をつくったのか? なぜ? どのようにして? 謎が次々に明らかになり、不明瞭な「タイのかたち」がはっきりと見えてきます。タイ研究の第一人者である著者の長年の研究と考察が明快なタイ論として結実しました。専門的な内容ですが、自らの体験を踏まえたわかりやすい記述となっており、「タイ」ファンに広く読まれると思われます。
謎をはらんだ「ラームカムヘーン王碑文」の原文と日本語訳を配した菊地信義の装幀もユニークです。
目次
序章 タイにはタイ人はいない                   
第1章 地政学的背景
第2章「スコータイ神話」     
第3章 三つの世界 
1「サヤーム世界」/「外来人国家」 
(1)アユッタヤー 
(2)「クンナーン」    
(3)アユッタヤーの街      
(4)ムスリムの故郷   
(5)スコータイ王朝による乗っ取り? 
(6)「アヨータヤー」 
2タイ世界/ムアン 
(1)身分制社会 
(2)「民衆反乱」 
3マレー世界/海賊基地 
(1)パッターニー:交易、女王、海賊 
(2)「小クニ」 
第4章 「チャート・タイ」の創出 
1強大な王権 
(1)現人神 
(2)王統       
(3)王族 
2「タイ化」 
(1)労働力の解放と身分制の解体 
(2)国民国家形成に向けて 
(3)「カー・ラーチャカーン」へ 
(4)「タイ世界」の包摂          
第5章 現代タイの葛藤  
1「タイ化」の進展 
(1)国名「タイ」の決定 
(2)「サリット革命」 
(3)大王プーミポン  
(4)「チャート・タイ」の変遷 
(5)「タイ語」――大きな「チャート・タイ」  
2まとわりつく「外来人国家性」 
(1)「外来人国家性」 
(2)見えない身分制              
(3)「サヤーム世界」の優越性 
             「
終章 新しい「チャート・タイ」を求めて 
あとがき 
主要参考・参照文献 
索引
著者略歴
赤木攻(アカギオサム akagiosamu)
大阪外国語大学名誉教授。日本タイクラブ代表。 1944年岡山県生まれ。大阪外国語大学教授、同大学学長などを歴任。 【専門】東南アジア地域研究(タイ政治・社会論)。 【著書】『タイの永住日本人』(めこん、1992)、『続・タイ農村の構造と変動』(共著、勁草書房、2000)、『東アジア政治のダイナミズム』(共著、青木書店、2002)、『復刻版 タイの政治文化―剛と柔―』(㈱エヌ・エヌ・エー、2015)など。 【訳書】プーミポン・アドゥンヤデート国王陛下『奇跡の名犬物語――世界一賢いロイヤル・ドッグ トーンデーン―』(世界文化社、2006)など。
タイトルヨミ
カナ:タイノカタチ
ローマ字:tainokatachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

めこんの既刊から
小松みゆき/著 白石昌也/解説 古田元夫/解説 坪井善明/解説 栗木誠一/解説
赤木攻/著
本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
シーエムシー出版:寺尾啓二 池田宰 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。