近刊検索 デルタ

5月24日発売予定

マイナビ出版

規格外の打ち筋! 高打点鳴き麻雀

マイナビ麻雀BOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
麻雀の戦術には流行がありますが、今、最も重視されているのが打点です。
高い打点の手をアガるためには、門前で作ってリーチして、というのが一般的な戦術です。

しかし、現雀王・矢島亨プロは「鳴いて高い手をアガる」という一見矛盾しているような戦術で今、勝ちまくっています。
その構想力、鳴きのスタート地点、アガるための捨て牌作りなどは、必ずあなたの麻雀に役立ちます。

また「鳴き読み」「相手を動かす鳴き」など、打点作り以外の戦略的な部分においても、矢島プロは超一流です。
本書は矢島プロが培ってきた「鳴き」に関する全てを余すことなく伝えています。

第1章 鳴きの基本 ホンイツ
第2章 鳴きの基本 トイトイ
第3章 鳴きの基本 チャンタ
第4章 鳴きの基本 とにかくアガれ!
第5章 鳴きの基本 相手の鳴き
第6章 鳴きの応用編
著者略歴
矢島亨(ヤジマトオル yajimatooru)
1979年1月15日生まれ。A型。神奈川県出身。 日本プロ麻雀協会第6期入会、現在A1リーグ所属。 2011年より競技麻雀の勉強会「やじ研」を立ち上げ、多数のタイトル保持者を輩出。 第13回日本オープン優勝。第17期雀竜位。 2020年日本プロ麻雀協会の最高タイトル、第19期雀王を獲得。 著書に『これで勝てる! 麻雀攻めの常識』(マイナビ出版)がある。
タイトルヨミ
カナ:キカクガイノウチスジ コウダテンナキマージヤン
ローマ字:kikakugainouchisuji koudatennakimaajiyan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。