近刊検索 デルタ

2020年1月17日発売

論創社

満洲国のラジオ放送

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
メヂィアとしてのラジオの役割を当時の文化状況に迫りながらラジオ放送の機能とその効果の検証を試みている。これまでの研究では欠落していた放送内容、番組構成、ラジオ放送の機能とその効果、満洲国社会や文化形成に対するラジオ放送の影響などが論じられている。特記すべきことは、当時の放送録音盤が吉林省档案館に保存されていて、著者の努力によって、「録音盤目録」を入手し、放送の実態をつかむことが可能となり、これらの資料が本書には十分活用されていることである。
目次
第一章 満洲国におけるラジオ放送事業の展開 第二章 放送内容の構成と審査 第三章 ニュース報道からみる満洲国のラジオと新聞 第四章 ラジオドラマ 第五章 学校放送 第六章 ラジオ体操 第七章 多元的な満洲国ラジオ放送 第八章 放送事業の終焉
著者略歴
代珂(ダイカ daika)
代珂(だい・か)1985年 中国安徽省生まれ。首都大学東京大学院人文科学研究科博士後期課程修了(文学博士)。現在、同大学人文社会学部中国文化論教室助教。専攻は中国文学、メディア文化。著書に『偽満洲国文学研究在日本』(共編 中国:北方文芸出版社 2017)ぶんげいしゅっぱん。研究日本モンゴル学会理事、教育史学会会員。主な論著:『内モンゴル歴史概要』(共訳)、『サイチンガ作品集』(内モンゴル科学技術出版社)ほかがある。
タイトルヨミ
カナ:マンシュウコクノラジオホウソウ
ローマ字:manshuukokunorajiohousou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

論創社の既刊から
森達也/著・編集 上野千鶴子/著 武田砂鉄/著
クライスト/著 仲正昌樹/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大竹泰彦 小宮英一 
明石書店:文部科学省 
共立出版:篠塚一也 
信山社出版:遠山純弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。