近刊検索 デルタ

2021年3月6日発売

論創社

東日本大震災と原発事故からの10年

災害現場の初動から真の復興、そしてウィズコロナの未来へ向けて
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2020年10月に開催された国際シンポジウム「東日本大震災と原発事故からの10年」の貴重な記録。災害現場で実際に救援活動に携わった医療従事者・関係者をはじめとする、各分野におけるエキスパートによるドキュメントも多数収録。〔東日本国際大学出版会発行/論創社発売〕
目次
第一部 大震災10年に想う(寄稿文)
 経験から学ぶ姿勢こそ未来への鍵 明石眞言
 災害と薬剤師、そしてコロナ 赤津雅美
 自然とのおつきあいに、さらに謙虚でありたい  安部義孝
ほか計30名

第二部 東日本大震災からコロナ後へ 石井正三
 社会医学的にみたパンデミック事象(2020年6月4日)
 新型コロナ 新しい日常NewNormalと大雨被害(2020年7月7日)
 東日本大震災からコロナ以後への考察(2020年8月23日)

第三部 第2回東日本国際大学 健康社会戦略研究所 国際シンポジウム
東日本大震災と原発事故からの10年
──災害現場の初動から真の復興、そしてウィズコロナの未来へ向けて
 基調講演1 被ばく医療初動から復興を展望して 明石眞言
 基調講演2 複合災害対応に向けての考察──過去の生物災害などの事例に学ぶ 四ノ宮成祥
 基調講演3 福島で経験した東日本大震災そして新型コロナ感染症からの教訓 永田高志
 基調講演4 国際的な災害対応から学んだ教訓について ステファニー・ケイデン
 基調講演5 ハンガリーにおける社会的・体制的変化をめぐる考察 カタリン・ユーローブ
 基調講演6 東日本大震災からウィズコロナまで──繰り返される危機への対応 長谷川学
パネルディスカッション 災害現場の初動から真の復興、そしてウィズコロナの未来へ向けて

資料編
英文要旨
著者略歴
東日本国際大学健康社会戦略研究所(ヒガシニッポンコクサイダイガクケンコウシャカイセンリャクケンキュウジョ higashinipponkokusaidaigakukenkoushakaisenryakukenkyuujo)
タイトルヨミ
カナ:ヒガシニホンダイシンサイトゲンパツジコカラノジュウネン
ローマ字:higashinihondaishinsaitogenpatsujikokaranojuunen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

論創社の既刊から
多和田葉子/著 溝上幾久子/イラスト
中島河太郎/著 中嶋淑人/編集
仲正昌樹/著
アメリア・レイノルズ・ロング/著 赤星美樹/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。