近刊検索 デルタ

2022年12月2日発売

論創社

出版社名ヨミ:ロンソウシャ

団地と共生

芝園団地自治会事務局長 二〇〇〇日の記録
論創ノンフィクション
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
外国人の住人が多いことから、一時期は「チャイナ団地」と揶揄された埼玉県の川口芝園団地。高齢者と外国人が集住する場所としての「団地」で、30代で自治会の事務局長となった著者が、人々の共住と共生の可能性を探った2000日の記録。
目次
第一章 将来の縮図としての「芝園団地」/第二章 「共存」は社会の土台/第三章 協力者を求めて/第四章 「共生」を阻む見えない壁/第五章 日本人同士の関係は?/第六章 それぞれの想い/第七章 団地と共存
著者略歴
岡崎広樹(オカザキヒロキ okazakihiroki)
岡﨑広樹(おかざき・ひろき) 1981年、埼玉県上尾市生まれ。早稲田大学商学部を卒業、三井物産に入社。海外業務を通じて、日本人と外国人の関係に関心を持つ。2012年に退社し、松下政経塾に入塾。在塾中の2014年から芝園団地に住み始めて、2017年からは自治会事務局長を務める。「中央公論」などの雑誌への寄稿や全国各地での100回を超える講演、第2次川口市多文化共生指針の策定委員などの機会を通じて、様々な観点から「隣近所が外国人住民になる時代」を考えるきっかけづくりに取り組む。自治会として、2017年度国際交流基金「地球市民賞」などを受賞。個人として、2018年日本青年会議所「人間力大賞総務大臣奨励賞」を受賞。著書に『外国人集住団地ー【ダーシ】日本人高齢者と外国人の若者の“ゆるやかな共生』(扶桑社新書)など。
タイトルヨミ
カナ:ダンチトキョウセイ
ローマ字:danchitokyousei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

論創社の既刊から
岡崎広樹/著
斎藤充功/著
箱石英政/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。