近刊検索 デルタ

2020年3月28日発売

ワニブックス

長生き朝ごはん - 病気知らずの名医が食べている -

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
朝ごはんが、健康を作る!

医師と栄養士の夫妻が真剣に考えた
老化も不調もけちらす食事術

朝ごはんをおろそかにしていませんか?

朝ごはんは、1日の中で最も大切な食事です。

なぜなら、病気や不調の9割は「冷え」が原因。
そして、体を温めて「冷え」を撃退する秘訣は
朝ごはんにあるからです。

「長生き朝ごはん」を実践すれば、
体と心の不調がみるみる消えていきます!


【長生き朝ごはんの特徴】
●朝にとりたい栄養を網羅!
ズバリ、朝ごはんに食べるべき食材を7つに厳選しました。

●忙しい朝の強い味方!
2週間分のスピード献立は、どれも10分で完成。まねするだけだから迷いません。
栄養満点の作りおきおかずは、簡単でアレンジ豊富だから飽きずに続けられます。


【長生き朝ごはんの健康効果】
●全身の冷えが改善する
朝ごはんは、最も効率よく体温を上げる近道。
辛い冷えを解消し、健康な心身に導きます。

●免疫力アップで万病を防ぐ
ウイルスや細菌を寄せつけない強い体に!
がん予防効果も期待されます。

●老化を止める
肌や髪の若々しさを保ち、
更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防効果も!

●生活習慣病の予防・改善
高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などの
リスクが軽減します。

●腸内環境を整える
便秘や下痢の改善はもちろん、
アレルギー症状やストレス軽減にパワーを発揮!


【内容】
第1章 長生きしたいならこれを食べるべき 7大長生き食材
第2章 万病を防ぐ 長生き朝ごはんのすごい健康効果
第3章 10分で完成! まねするだけの2週間献立
第4章 まとめて作ってずっとおししい! 作りおきおかず
第5章 長生き朝ごはんの効果を倍増させる 朝の長生き習慣
著者略歴
今津 嘉宏(イマヅ ヨシヒロ imazu yoshihiro)
●今津嘉宏(いまづ よしひろ) 藤田保健衛生大学医学部 卒。芝大門いまづクリニック院長。 日本外科学会認定医 專門医/日本胸部外科 認定医/日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医/日本消化器病学会 専門医/日本がん治療認定医機構 認定医、暫定教育医/日本東洋医学会 専門医、指導医/日本医師会 産業医、健康スポーツ医 ほか多数。 病状のみでなく、その人を取り巻く環境や性格にも留意し、患者の心に寄り添う医療を実践している。 メディア出演に、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」、テレビ東京「ソレダメ!」など多数。 著書に、89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ』/『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ともに小社)/『ねころんで読める漢方薬』(メディカ出版)/『仕事に効く漢方診断』(星海社)/『子どもの心と体を守る「冷えとり」養生』(青春出版社)/『がん漢方』(南山堂)など。 自身の研究や経験を広く世に発信し続けている。
今津 美幸(イマヅ ミユキ imazu miyuki)
●今津美幸(いまづ みゆき) 栄養士、フードスペシャリスト。 45歳を過ぎてから戸板女子短期大学食物栄養科で栄養学を学び、栄養士となる。二児のお弁当を日々18年間作った経験と、医療現場で実際にがん、生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質代謝異常など)の栄養指導を行った実績から、栄養学を衣食住の視点から総合的にアドバイスする栄養指導は、多くの人から支持されている。
タイトルヨミ
カナ:ナガイキアサゴハン ビョウキシラズノメイイガタベテイル
ローマ字:nagaikiasagohan byoukishirazunomeiigatabeteiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
ナカニシヤ出版:樋口耕一 
ミネルヴァ書房:山縣文治 福田公教 石田慎二 ミネルヴァ書房編集部 
コロナ社:森川高行 山本俊行 赤松幹之 原口哲之理 金森亮 中村俊之 
新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。