近刊検索 デルタ

7月13日発売予定

早稲田経営出版

出版社名ヨミ:ワセダケイエイシュッパン

択一・記述 ブリッジ 商業登記法 理論編 第7版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、司法書士試験の商業登記法記述式問題の対策テキストです。択一式の知識をどのように記述式に展開させるかを、丁寧に解説しています。本書によって、合格レベルの実力が完成できます。

本書の構成と特長:
◆〇×式の問いを掲載→それに対する手続き上の問題点等を解説→書式例・登記記録例を掲載という構成なので、択一式と記述式の関係がよくわかります。
◆試験で問われる可能性のある〇×式の問いを200個収載、96パターンの書式例と登記記録例を収載。
◆「補充解説」「参考先例等」も収載。
◆目次が、索引のように細かく表示されているので、知りたい項目がすぐに探せて便利です。
◆姉妹本の問題集「択一・記述 ブリッジ 商業登記法 実戦編」とリンクしています。

※今回の改訂内容
令和元年12月4日に成立し、同月11日に公布された会社法の一部を改正する法律(改正会社法)のうち、未施行となっていた会社の支店の所在地における登記の廃止については、令和4年9月1日から施行されます。それに伴い、今回の改訂では、「支店の所在地における登記手続」の部分を削除いたしました。

★択一式と切り離しての記述式の対策はあり得ません。択一式と記述式、実体法と手続法の架け橋「ブリッジ」を活用して合格を目指しましょう!
著者略歴
竹下 貴浩(タケシタ タカヒロ takeshita takahiro)
タイトルヨミ
カナ:タクイツ・キジュツ ブリッジ ショウギョウトウキホウ リロンヘン ダイ7ハン
ローマ字:takuitsu・kijutsu burijji shougyoutoukihou rironhen dai7han

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。