近刊検索 デルタ

2020年8月11日発売

医療科学社

核医学安全基礎読本 1改訂 患者(医療)安全&医療放射線安全

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
診療放射線を利用する医療機関では、放射線診療に係る職員とその環境に対する放射線防護対策を実施してきましたが、患者に係る線量管理を中心とする医療被ばくの管理について、2020年4月1日から医療放射線に係る安全管理体制を構築することが求められています。本改訂書では、主に放射線診療に係る医療従事者が、安全管理体制や安全文化などについて患者(医療)安全の理解を、そして放射線防護体系、医療被ばく、放射線安全管理の法制化とその構築すべき体制について医療放射線安全の理解を強化して、この医療放射線安全を患者(医療)安全の中で確保して実践できることを目標としています。また、医療機関への立入検査や診療報酬の視点から、患者(医療)安全と医療放射線安全の評価について解説も試みているので、特に、医療法第25条第1項に基づく医療機関への立入検査などに係る全ての医療関係者にも是非本書を紐解いていただければ幸いです。(著者より)
目次
Ⅰ.患者(医療)安全&医療放射線安全
1.WHOが掲げる患者(医療)安全について
2.わが国の医療安全対策
3.患者(医療)安全文化
4.医療放射線の安全に絡む放射線防護体系
5.医療被ばく(Medical Exposure)
6.医療放射線の安全管理の法制化と体制の確保
7.患者(医療)安全と医療放射線安全の評価
著者略歴
渡邉 直行(ワタナベナオユキ watanabenaoyuki)
タイトルヨミ
カナ:カクイガクアンゼンキソドクホンイチカイテイカンジャイリョウアンゼンアンドイリョウホウシャセンアンゼン
ローマ字:kakuigakuanzenkisodokuhonichikaiteikanjairyouanzenandoiryouhoushasenanzen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。