近刊検索 デルタ

2021年8月6日発売

エヌ・ティー・エス

分散系のレオロジー

基礎・評価・制御、応用
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆サスペンション、エマルション、フォームのレオロジー!
◆レオロジーの基礎から評価と応用、レオロジーを機能として用いるための技術・ノウハウを各分野の専門家が解説!
◆塗料・塗装、コンクリート、食品、医薬品から化粧品まで網羅!

分散系とは,固体微粒子が液体に分散した状態にある懸濁液(サスペンション),乳濁液(エマルション),泡(フォーム)など,微小な径を有する異相が,液体中に分散した系である。
基本的に複雑な混合系となることが多いが,一方で素材工業,食品工業他,さまざまな工業品製造において取り扱われ,製造過程での微粒子等の分散性が最終製品に大きく影響を及ぼすことから,その特性を正確に理解することは非常に重要であり,その手段の1つがレオロジー特性の把握である。

流体の流動性に関する学問体系,レオロジーの特性の把握は,素材の製造過程では非常に重要であるが,一方でレオロジー特性の解釈には正確な基礎学問と豊富な経験的知識が必要になり,技術者の育成には膨大な時間を要するため,多くの製造過程では試行錯誤的なアプローチに頼らざるを得ない現状がある。

本書は基礎編・応用編の2編から構成され,基礎編では分散系レオロジーにかかわる最先端の研究を行っている研究者が,最新の理論,解析法および測定法について概説する。
まずは現在の大学課程では十分に理解されていない,分散系レオロジーの理論的基盤をまず学んでいただきたい。

応用編では分散系レオロジーにかかわって技術開発を行ってきた経験豊かな研究者が,実践的な分散系の取り扱いについて概説する。
実際の分散系にはさまざまなものが混同されており,一般に複雑な挙動を呈するが,実際のハンドリング技術を見ていただき,どのように試料調整を行っているのか,その指針を学んでいただきたい。

(本書「はじめに」から引用・抜粋)

【主な目次】
第1編 基礎編
 第1章 分散系のレオロジーの基礎
 第2章 レオロジーの測定と評価
 第3章 サスペンション・スラリーのレオロジー
 第4章 泡のレオロジー
 第5章 エマルションのレオロジー
 第6章 レオロジーの制御
第2編 応用編
 第1章 塗料・インキ・コーティングのレオロジー
 第2章 食品のレオロジー
 第3章 化粧品のレオロジー
 第4章 医薬・機能性流体
 第5章 フレッシュコンクリート
目次
第1編 基礎編
第1章 分散系のレオロジーの基礎
 第1節 定常流動挙動および動的粘弾性挙動
 第2節 チキソトロピー挙動
 第3節 コロイド粒子間の相互作用
第2章 レオロジーの測定と評価  
 第1節 レオロジーの測定
 第2節 ナノレオロジーの測定 
 第3節 粒子径・粒度分布とゼータ電位の測定
 第4節 チキソトロピー挙動の測定
 第5節 超音波流速分布計測によるレオメトリ
第3章 サスペンション・スラリーのレオロジー
 第1節 サスペンジョン・スラリーのレオロジー概説
 第2節 石炭・セラミックス・アルミナスラリーのレオロジー
 第3節 固液液三相粒子分散系のレオロジー
 第4節 セルロースファイバーサスペンションのレオロジー
 第5節 チキソトロピー性を示す粘土懸濁液のレオロジー評価
第4章 泡のレオロジー
 第1節 ファインバブルのレオロジー
 第2節 泡の定常流測定と動的粘弾性測定
 第3節 泡界面粘弾性の測定
第5章 エマルションのレオロジー
 第1節 エマルション分散液のレオロジー挙動に対する温度の影響
 第2節 ミセル・分子集合体のレオロジー
 第3節 エマルションの安定性と安定性評価
第6章 レオロジーの制御
 第1節 レオロジーコントロール剤
 第2節 コロイド分散系のレオロジー制約

第2編 応用編
第1章 塗料・インキ・コーティングのレオロジー
 第1節 塗料のレオロジー概説
 第2節 オフセット印刷用マイクロカプセル分散インキのレオロジー特性とその評価
 第3節 インクジェットインクのレオロジー
 第4節 紙および板紙コーティングにおけるレオロジーと粘度の重要性
 第5節 塗装工程と粘弾性特性
 第6節 自動車触媒コート層用アルミナのレオロジーと膜形態
 第7節 塗料およびコーティング剤のレオロジー評価
 第8節 スクリーン印刷用インキの粘弾性
 第9節 食品3Dプリンターでの高精度造形に向けたフードインクのレオロジー制御
第2章 食品のレオロジー
 第1節 食品の製造から消費に至る段階に関わるレオロジー
 第2節 食品のレオロジー測定
 第3節 USRによる食品のレオロジー評価
第3章 化粧品のレオロジー
 第1節 マッサージクリームのレオロジー特性
 第2節 化粧品基剤の内部構造とレオロジー
 第3節 クリーミーな泡のレオロジー
 第4節 化粧品のレオロジー測定~ヘアジェルやネールエナメルなど~
 第5節 泡洗顔料のレオロジーによる過渡的特性の評価
 第6節 化粧品用水系増粘剤によるレオロジーコントロール
第4章 医薬・機能性流体
 第1節 レシチンを主成分とする逆紐状ミセルのレオロジー特性と皮膚適用製剤への応用
 第2節 磁気粘性流体(MR流体)のレオロジー
第5章 フレッシュコンクリート
 第1節 フレッシュコンクリートのレオロジー
 第2節 左官材料のワーカビリティとレオロジー
 第3節 回転粘度計によるフレッシュコンクリートのレオロジー特性評価
著者略歴
鈴木 洋(スズキ ヒロシ suzuki hiroshi)
【監修】 鈴木 洋(神戸大学 大学院工学研究科 教授)
タイトルヨミ
カナ:ブンサンケイノレオロジー
ローマ字:bunsankeinoreorojii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

エヌ・ティー・エスの既刊から
石原直忠ほか82名/著
公益財団法人遺伝学普及会/著・編集
鈴木洋/著・監修
椛島健治ほか61名/著
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。