近刊検索 デルタ

2018年8月13日発売

ベレ出版

実感する世界史 現代史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第二次世界大戦後から2010年代までの世界史を網羅!臨場感のある叙述によって、読者は歴史の当事者になった感覚で引き込まれるように読み進めることができます。現代史の大事件はもちろん、教科書では詳しく取り上げられていない東欧や西アジア・東南アジアの動きも網羅し、因果関係がしっかり理解できるよう詳しくわかりやすく描いています。また現代の歴史を動かす経済的要因にも注目し、グラフなどを用いて丁寧に解説しています。教科書や新聞・TVニュースだけではわかりづらい歴史の流れを把握しながら、「現代世界はなぜこうなったのか」を理解することができる一冊です。
目次
第一章 冷戦時代の先進諸国
第二章 冷戦と東アジア
第三章 冷戦と東南アジア
第四章 冷戦と西アジア
第五章 冷戦と南アジア
第六章 冷戦体制の解体
第七章 危機と革命後の世界
第八章 冷戦の終わり
第九章 冷戦後の世界
第十章 21世紀の世界
著者略歴
大橋 康一(オオハシ コウイチ)
1960年、滋賀県生まれ、神戸大学文学部西洋史学科卒、高等学校教員。認知科学(特に学習理論)、歴史、文化人類学、哲学史、経済史、社会史、科学技術史、コンピューターを研究。現代の分断化された知識・経験・思考法の橋渡しに奮闘中。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。