近刊検索 デルタ

2018年6月20日発売

澪標

B級京都論 南山城から視た異国京都

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ちょっと離れた場所、それでいて間近、したたかな南山城からの京都論。
山城国一揆もこの世の浄土も南山城にはすべてがある。
目次
京都という異国への架け橋
京の都の範囲は
京の闇
歴史は応仁の乱以降を学んでおけばよい
山城国一揆
京のみやこの仕組み
お茶と京都
三つの浄土世界
京都南山城余話
京のみやこの現代B級芸能  ほか
著者略歴
東 義久(アズマ ヨシヒサ)
同志社大学卒業。 主な著書:『小説山城国一揆』『銀の雨降る』『絵がたり山城国一揆』『春咲き川』『木津川を泳いだ大仏』『童話屋でござる』『夜が明けたら」ほか多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。