近刊検索 デルタ

2022年9月30日発売

技術情報協会

出版社名ヨミ:ギジュツジョウホウケンキュウカイ

5G時代のデジタルヘルスとその事業化

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■ 本書のポイント

● 医療用アプリ・医療機器プログラムの開発プロセスと留意点
  ・一般用ヘルスケア・アプリ開発プロセス
  ・行動変容アプリの企画・設計の開発・運用
  ・AIを用いた医療機器の開発、薬事承認と臨床試験マネジメント

●デジタルヘルス事業の成功要因とビジネス拡張の方向性
  ・SaMDビジネスの考え方と成功要因
  ・未病対策としてのデジタルヘルスの新ビジネス
  ・デジタルヘルスにおける知財・特許戦略のポイント
  ・PHR(Personal Health Record)を活用したデータビジネスの可能性


●デジタルヘルスに関する規制、ガイドライン
  ・日本・米国・欧州のデジタルヘルス規制・製品事例
  ・個人情報保護とサイバーセキュリティ
  ・オンライン診療、オンライン服薬指導の現状
  ・中国でのデジタルヘルス最前線、イスラエル企業の紹介


●デジタルセラピューティクス(DTx)の市場トレンドと薬事、審査動向!
  ・DTxの海外市場動向と事業化のポイント
  ・DTxの開発プロセスおよび留意点
  ・DTxの保険償還、医療経済評価の現状
  ・DTxの臨床試験の進め方、製薬企業各社の開発の取り組み
目次
第1章 デジタルヘルスによる新規事業開発、参入のポイント
第2章 デジタルヘルス事業参入のために押さえおくべきガイドライン、法規制
第3章 PHR(Personal Health Record)/PRO(Patient Reported Outcome)の活用法
第4章 医療用アプリ・医療機器プログラムの開発プロセスと留意点
第5章 DCT導入の現状、課題とデジタルツールの効果的な活用法
第6章 アプリ、ウェアラブルデバイスを活用した研究とデータ解析
第7章 5G時代のオンライン診療システムの活用
第8章 デジタルセラピューティクス(DTx)の市場トレンドと薬事、審査動向
第9章 ウェアラブルデバイスを使用した生体情報の数値化・可視化とデータ活用の展望
第10章 AIやデジタル技術を活用した診断・治療
第11章 デジタルヘルス企業の動向と協業の進め方
著者略歴
執筆者:80名(シッピツシャハチジュウメイ shippitsushahachijuumei)
技術情報協会(ギジュツジョウホウキョウカイ gijutsujouhoukyoukai)
タイトルヨミ
カナ:ファイブジージダイノデジタルヘルストソノジギョウカ
ローマ字:faibujiijidainodejitaruherusutosonojigyouka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
小学館:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。