近刊検索 デルタ

2022年11月26日発売

青幻舎

出版社名ヨミ:セイゲンシャ

合田佐和子 帰る途もつもりもない

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
社会通念や因習にとらわれない生き方を貫き、
奔放かつ華やかに生涯を駆け抜けた合田佐和子。
没後初にして過去最大級の回顧集、待望の刊行

合田佐和子(1940–2016)は高知に生まれ、1965年の個展デビュー以来、オブジェや絵画、写真といったメディアを横断しながら創作を展開しました。唐十郎や寺山修司とのコラボレーション、瀧口修造など美術評論家からの高い評価、またファッションや音楽など領域を超えたものたちとの親和性により、アングラが隆盛した時代の空気を体現するに至ります。しかし一転して90年代以降はその退廃的な作風を脱ぎ捨て、まばゆい光に満たされた、より内省的な世界を深めていきます。

同時代の動向からは距離をとり、ひとつのスタイルに留まらない作家の姿勢と、唯一無二のオリジナリティに支えられた作品群。その全貌は、いまこの時代を生きる私たちに重要な示唆を与えます。

● 四方田犬彦氏寄稿

【展覧会情報】
高知県立美術館 2022年11月3日-2023年1月15日
三鷹市美術ギャラリー 2023年1月28日-3月26日
著者略歴
高知県立美術館(コウチケンリツビジュツカン kouchikenritsubijutsukan)
三鷹市美術ギャラリー(ミタカシビジュツギャラリー mitakashibijutsugyararii)
タイトルヨミ
カナ:ゴウダサワコカエルミチモツモリモナイ
ローマ字:goudasawakokaerumichimotsumorimonai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

青幻舎の既刊から
室田HAAS万央里/著
高知県立美術館/監修 三鷹市美術ギャラリー/監修
高知県立美術館 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。