近刊検索 デルタ

2月25日発売予定

コモンズ

有機農業という最高の仕事

食べものも、家も、地域も、つくります
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
有機農業で生きていきたいという夢を実現し、経営的にも成功し、素敵な家をハーフビルドで建て、地元住民と仲良く地域おこし。全国の若手有機農業者のリーダーが、仕事・暮らし・さまざまな自給、そして「最高の人生の選択」を書き下ろし。生き方に迷う若者の指南書。
目次
第1章 有機農業は超面白い
第2章 有機農家の農産加工は美味しくて楽しい
第3章 自分たちでつくる土壁の家
第4章 あらゆる自然エネルギーを取り入れる
第5章 ちょっとしたコツで健康に暮らす
第6章 イノシシ・シカ・サル・ハクビシンと格闘
第7章 日本酒とワインと地域づくり
第8章 農で自立して生きるための極意
著者略歴
関塚 学(セキヅカ マナブ)
有機農業者。日本有機農業研究会理事、あきやま有機農村未来塾事務局長。 1973年、埼玉県生まれ。両親は地方公務員。 大学卒業後サラリーマンになるが、1年で辞めてワーキングホリデーでオーストラリアへ。帰国後、有機農業を志し、研修を経て、2002年に栃木県佐野市の中山間地・秋山地区に新規就農。現在の経営規模は田108a、畑104a、平飼い養鶏300羽。野菜は年間60種類をつくる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 20号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。