近刊検索 デルタ

2020年8月18日発売

東方出版

ラマナ・マハルシの思想

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
南インドの聖者が語る真我の探求。
[第1部]は、マハルシの言葉「コーハム(私とは誰か)」「サットダルシャナ
(真実の教え)」「ウパデーシャ・サーラ(教えの精髄)」の3冊から、
[第2部]は、マハルシのギーター・サール42詩句の原典・註・翻訳・解説。
[第3部]は、マハルシが生涯を過ごしたアルナーチャラ訪問記。
目次
まえがき

第1部 ニャーナ・ヨーガの真髄
 序
  1. ラマナ・マハルシの視点/2. 幸福とは何か/3. この世界/4. 気づき
  /5. ダルシャナ/6. 想念/7. 心はどこから生まれるのか/8. 心の正体
  /9. 「私」でないもの/10. 「本来の自己(存在)と「この身体」/11.
  「真の自己」の呼び名/12. この世界は幻想/13. 探求の仕方〜その1
  /14.探求の仕方〜その2/15. ヴァイラーギャ/16. イーシュワラとグル
  /17. 教典/18. ムクティ
 参考文献(第1部)

第2部 マハルシのギーター・サール
 序
 ソング・セレスティアル
 参考文献(第2部)

第3部 アルナーチャラの想い出
 参考文献(第3部)

 あとがき
著者略歴
真下 尊吉(マシモ タカヨシ mashimo takayoshi)
慶應義塾大学経済学部卒業。コンピューター・インストラクター、Webデザイナーを する傍ら、佐保田鶴治先生の流れの故熊谷直一氏、故番場一雄氏に師事しハタヨーガ を学ぶ。助教授資格取得。サンスクリット語は、言語学者で哲学博士のアニル・ヴィ ディヤランカール先生にイントロダクトリー・サンスクリットを学び、その後、チン マヤ・ミッションにてアドヴァンスド・サンスクリットを学ぶ。また、同ミッション にてバガヴァッド・ギーター全コースを修了。 2011年より「ニヤーナ・プラープティヒ」研究会主幹。神戸新聞カルチャー講師。 著書に『ハタヨーガからラージャヨーガへ』『サーンキャとヨーガ』『サンスクリッ ト原典から学ぶ 般若心経入門』『ギーターとブラフマン』『ブッダの言葉とタントラ の呼吸法』(以上、東方出版)がある。
タイトルヨミ
カナ:ラマナマハルシノシソウ
ローマ字:ramanamaharushinoshisou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東方出版の既刊から
スワミ・チダーナンダ/著 増田喜代美/訳
片桐昌成/著
北尾隆心/著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:森川敏生 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。