近刊検索 デルタ

2021年11月9日発売

三和書籍

夏目漱石⑥-3 吾輩は猫である

大活字本シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 シリーズ第6巻『吾輩は猫である』は、夏目漱石の長編小説であり、処女小説。「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。」という冒頭の有名な一節。教師である苦沙弥先生の家に居ついた猫である「吾輩」の視点で、苦沙弥先生のところに集う様々な人々の人間模様が風刺的に描かれている。
目次
吾輩は猫である 【3】  
  九  
  十  
  十一  
著者略歴
夏目漱石(ナツメソウセキ natsumesouseki)
1867(慶応3)年、江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)にて誕生。帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学。帰国後、一高、東大で教鞭をとる。1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表。翌年、『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。1907年、新聞社に入社して創作に専念。『三四郎』『それから』『行人』『こころ』等、日本文学史に輝く数々の傑作を著した。最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。享年50。
タイトルヨミ
カナ:ナツメソウセキ ロクノサン ワガハイハネコデアル
ローマ字:natsumesouseki rokunosan wagahaihanekodearu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

三和書籍の既刊から
榎本恵一/著 柳綾子/著 渡辺峰男/著 吉田幸司/著 林充之/著
小牟田哲彦/著
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。