近刊検索 デルタ

2020年10月14日発売

カンゼン

ポジショナルフットボール 実践論

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
渡邉晋はベガルタ仙台に独自の言語で「クレバーフットボール」を落とし込んだ。
実は選手を指導する際、いわゆる「ポジショナルプレー」という言葉は一切使っていない。
にもかかわらず、結果的にあのペップ・グアルディオラをなぞるように
「スペースの支配」という概念を杜の都に浸透させた。
すべては「相手を困らせる立ち位置」を取らせることから始まる――。
ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた
監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、
未だ仙台サポーターから絶大な支持を得る知将の戦術指導ノウハウをあますところなく公開する。

1章 ポジショナルプレー前夜
2章 渡邉式ポジショナルプレー~指導法~
3章 渡邉式ポジショナルプレー~言葉の魔法~
4章 ポジショナルプレー交戦~対戦の駆け引き~
5章 ポジショナルプレー交戦~理想と現実の狭間で~
6章 ポジショナルプレー番外編~チームマネジメント論~
◎× 振付師・夏まゆみとの「スペースと“機能と美"対談」
◎論理的プレーを生み出すトレーニングメニュー集
著者略歴
渡邉晋(ワタナベススム watanabesusumu)
タイトルヨミ
カナ:ポジショナルフットボールジッセンロン
ローマ字:pojishonarufuttoboorujissenron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
ミネルヴァ書房:関口慶太 竹内彰志 金子春菜 
コロナ社:河口信夫 高田広章 佐藤健哉 倉地亮 佐藤雅明 ほか
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
アトリエサード:アトリエサード 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。