近刊検索 デルタ

2019年6月1日発売

内外出版社

救世主監督 片野坂知宏

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
J3→J2→J1。史上初の二段階昇格を成し遂げ、J1で旋風を巻き起こす大分トリニータを率いる片野坂知宏監督。
J1昇格の軌跡と昇格後の戦いぶりから、その変幻自在サッカーの進化を追う。

プロローグより
「古巣の危機を救いに来ました。いまこそ恩返しをするときだと思っています」
新指揮官はそう言って、救世主のように登場した。
そしてボロボロになった集団の陣頭に勇敢に立つと、丁々発止と数々の局面を切り抜け、約束どおり、いや、約束以上に、鶴も顔負けの恩返しを遂げてみせた。
これはJリーグ史上初、J3からJ1へとチームを〝二段階昇格〟させた男と、彼が率いるチームの物語だ。
男の名は片野坂知宏。現役時代にプレーしたこともある大分トリニータで2016年、監督業に就いた。それが火中の栗を拾う選択であることも、重々承知の上で。
目次
【主な目次】
〝秘技・猫じゃらし〟にみんな釘付け/全員脇役! 選ばれし30人の戦士たち/プログレッシブ理論派チーム/カタノサッカーの弱点はここだ!/釣り針は緻密に仕掛けるべし/西京極の虹を見たかい/続出! それぞれの〝カタノサッカー封じ〟/変態には変態で応戦だ!/左サイドが火急的人材難に!/立ちはだかる壁を侵食せよ/戦術のぶつけ合いはジャンケン的でもある /初めての3連敗!/世界の捉え方が変わった!/奪い合うのはボールではなくスペースだ/援軍・浅田飴登場!/そこにシステムはあるのかい?/ヒートマップひとコマのシンデレラ/起死回生! 優勝の望みを繋ぐ劇的決勝弾/ついにそのときが来た/救世主、大分の地にとどまる/データで読み解くカタノサッカー/叩き上げストライカー、全国にバレる/参上!J2オールスターズ/バレないうちに勝点を積み上げるんだ!/カタノサッカー、ミシャ式に挑む/悩めるストライカー再び /次への扉が見えてきた/肉を切らせて骨をイマイチ断ててない!/進化系スタイル「カタノサッカー」
著者略歴
ひぐらしひなつ(ヒグラシヒナツ)
ひぐらし ひなつ 大分県中津市出身。サッカーライター。大分トリニータのオフィシャルメディアへの執筆やサッカー専門新聞「EL GOLAZO」大分担当など、大分を拠点に活動しつつ、幅広い地域やカテゴリーを取材。 著書に『大分から世界へ 大分トリニータユースの挑戦』(出版芸術社) 『サッカーで一番大切な「あたりまえ」のこと――弱くても勝つ大分高校サッカー部』(内外出版社)『監督の異常な愛情――または私は如何にしてこの稼業を・愛する・ようになったか』(内外出版社・第6回サッカー本大賞読者賞)がある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

内外出版社の既刊から
ルアーマガジン・ソルト編集部/著
平岡和徳/著 井芹貴志/編集
本日のピックアップ
コロナ社:志堂寺和則 
現代人文社:山本晴太 川上詩朗 殷勇基 張界満 金昌浩 青木有加 
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。