近刊検索 デルタ

2021年9月24日発売

鳥影社

消えるB型 心理学者様へ

心理学者様へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
血液型人間学が認められたら心理学が大きく発展!
B型が主導する「種外淘汰」の時代からO型が主導する「種内淘汰」 の時代への万年単位の大動乱が、いま、進行している。
いじめ、ハラスメント、差別、大きくは戦争、紛争などもこの「種外淘汰」の時代から「種内淘汰」の時代への大きな変化の一局面である。

能見正比古さんの『血液型人間学』シリーズからヒントを得た発想
発生―新たな地平を拓く―B型
成長―大きく成長させる―O型
維持―末永く維持する―A型
調整―異質なものを繋ぐ―AB型
「発生、成長、維持、調整、のサイクル」の普及が待たれる。
目次
目次:
心理学者様へ
はじめに

1 血液型人間学の歴史
2 違いの理由 微生物説
3 発生、成長、維持、調整、のサイクルについて
4 発生の生産性
5 分業
6 発生、成長、維持、調整、の連携について
7 消えるB型 種内淘汰説
8 恒星間飛行
9 種内淘汰とは?
10 進化の袋小路
11 人類における血液型分布の変化を想像してみる
12 魔女狩り
13 再度、血液型に照らしてみる
14 西郷どんに想う
15 血液型人間学に対する反対意見について
16 AB型を想う

おわりに

ホームページより 「筆者からの主張」
参考文献
著者略歴
山上  一(ヤマガミハジメ yamagamihajime)
山上 一(やまがみ はじめ) 1971年 能見正比古『血液型でわかる相性』に出会う 2018年 『消えるB型 アインシュタインは何故大学に残れなかったのか?』出版 2021年 『消えるB型 心理学者様へ』 出版 ホームページ  https://kieru-bgata.com/ 英文ホームページ  https://blood-type-b-is-vanishing.com/
タイトルヨミ
カナ:キエルビイガタ
ローマ字:kierubiigata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

鳥影社の既刊から
たくまきよし/著
勝又浩/著 松本徹/著 中沢けい/著 富岡幸一郎/著
稲葉祥子/著
田中智行/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
主婦の友社:橋本将吉 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。