近刊検索 デルタ

2022年11月5日発売

鳥影社

出版社名ヨミ:チョウエイシャ

奇人 ホフマン

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幻想文学の鬼才E. T. A.ホフマンの数奇な生涯を描く伝記小説。
約200年前のドイツで、作家、音楽家、画家として多彩な才能を発揮した彼は法律家でもあって、 当時の社会情勢に翻弄されながらも先駆的生き方を貫いた。

「幾分ファンタジー、あるいは怪談めいた感じもしないではありませんが、これは実在した人物をもとに書かれたお話です。」
目次
主な登場人物

奇人 ホフマン
 幻を視る人
 幼馴染み
 荒 び
 怪 人
 もう一人の自分
 社交の場
 あの曲
 トルコの歌姫
 転がる目玉
 磁気睡眠術
 見知らぬ子
 ユリア・マルク
 新たな友人
 アマデウス
 ドンナ・アンナ
 小康の日々
 婚約披露宴
 追憶の城
 ゼコンダ一座
 現実と夢の国
 楽長交代
 再びベルリン
 幻 覚
 遠隔観念連合
 死に繋がる病
 若い女友達
 美男俳優
 権力との闘い
 狂ったクライスラー
 臨 終

ホフマン略歴年表
参考文献
あとがき
著者略歴
荒木 英行(アラキ ヒデユキ araki hideyuki)
荒木英行(あらき ひでゆき) 1948 年大阪市生まれ。本名は田坂英行。 関西学院大学大学院文学研究科修了。 関西学院大学、同志社大学、近畿大学等、元兼任講師。 ドイツ文学研究家。 著書に『シュレジア 一八四四』(朝日出版社)、『狂夢郷』(新風舎)、『南ドイツの小さな町で』(同)、『幻想のディスクール』(共著、鳥影社)ほか、雑誌、紀要、単行書 籍発表の小説、翻訳、論文等多数。
タイトルヨミ
カナ:キジン ホフマン
ローマ字:kijin hofuman

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

鳥影社の既刊から
たくまきよし/著
和田浩明/著 岩間幸雄/イラスト 榎本豊/イラスト
和田邦雄/著 中川学/著
伊藤氏貴/著・編集 富岡幸一郎/著・編集 田中和生/著 阿部公彦/著 松本徹/著・編集 ほか
荒木英行/著
もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。