近刊検索 デルタ

2022年4月15日発売

木楽舎

出版社名ヨミ:キラクシャ

Fishing Café VOL.71

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「皮に恋して、骨まで愛する」魚食民族ニッポンのSDGs

「鮭のまち」として知られる新潟県村上市三面川流域では、サケの調理法が100種類を超えるといわれ、平安時代には遠く京の都にサケが献上され、越後村上藩の主要な財源となっていた。しかし、江戸時代後期になると、乱獲により不漁が続く。そこでサケの母川回帰性を発見した越後村上藩の下級武士・青砥武平治(あおとぶへいじ)は、三面川に産卵に適した分流"種川"を設け(種川の制)、サケの産卵を助けることでサケの回帰を促した。三面川に産卵に適した分流“種川”を設け(種川の制)、サケの産卵を助けることでサケの回帰を促した。これは養殖でもなければ、単なる漁獲でもない。まさに江戸時代に行われたSDGs、持続可能な取り組みだ。さらに明治12(1879)年に欧米式のサケ・マスの孵化放流を種川の制が進んだ三面川で行うと、5年後の1884年には、それまでの約5倍の約73万7千匹を漁獲。単一河川では、日本の最高記録となっている。やがて、昭和23(1948)年に発足した近畿大学水産研究所では、「養殖用原魚は天然資源に依存しない人工種苗を使うべきだ」という理念のもと、1970年に水産養殖種苗センターを設立。枯渇が予想される水産資源を補うため、世界に先駆け18魚種の種苗生産に成功している。こうした種苗、栽培、養殖といった水産資源の増産技術の背景には、「頭や内蔵、中骨や皮に至るまで捨てることなく、大切に味わう」という日本独自の魚食文化がある。
目次
3 ◎巻頭インタビュー 音尾琢真―逃がした魚は、大きくない!―
13 ◎特集:美しい国ニッポンの育む魚、活かす釣り「魚・釣り、人・未来」
15 ◎21世紀の水産危機を救う「ブルーレボリューション」
21 ◎「サクラマスの聖地」 環境保全活動
27 ◎海上釣り堀を魅了するオリーブハマチ
31 ◎原種の野生イワナが豊富に泳ぐ川 長野県・雑魚川
35 ◎ 釣魚の揺りかご「アマモの森」
39 ◎先端技術の開発に取り組み養殖の未来を切り拓く

●連載コラム
43 太公望万歳! 末広恭雄(農学博士)
45 新連載 『釣・魚画帳』入門/宮田亮平
47 新連載 釣音(つりおと)/宮沢和史
53 釣人たちの輪舞曲/錦織則政
60 【釣具物語】 釣具、漁具の歴史とその変貌
64 同じ水、同じ流れの中で/土屋守
68 フィッシング・カフェ・クラブ Fishing Café CLUB
著者略歴
シマノ(シマノ shimano)
大阪府堺市堺区に本社を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツメーカー。『フィッシング・カフェ』は、釣りを愛するすべての人に、これから釣りを始めてみようという人たちも、気ままに集ってお茶でも飲みながら釣りについて語り合う「カフェ」そんな思いを込めました。雑誌『フィッシング・カフェ』を中心に、釣りビジョン(BS・CSTV)でも「フィッシング・カフェ」を放送。そしてホームページを通じても、釣りをめぐるさまざまな話題や情報などを発信し、釣り仲間の意見交換や交流を深めつつ、楽しい釣り文化を創造していきたいと考えています。
タイトルヨミ
カナ:フィッシングカフェ
ローマ字:fisshingukafe

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。